トヨタ新型「ノア/ヴォクシー」に全ミニバン層が感動! 3列目シートのアレンジがカンタン過ぎて泣ける

2022年1月にフルモデルチェンジしたトヨタのMクラスミニバン、新型「ノア/ヴォクシー」は、プラットフォームや車体など全てをいちから設計して登場しました。これまであまり改善されてこなかったサードシートのアレンジも刷新。従来のミニバンユーザーからも注目を集めています。

面倒だったミニバンのサードシートアレンジを驚くほどカンタンにしてしまった新型ノア/ヴォクシーの衝撃

 デビュー早々、ファミリー層から絶大な支持を集めるトヨタのMクラスミニバン、新型「ノア/ヴォクシー」。

 サードシート(3列目席)のアレンジが極めて簡単にできることでも、ミニバンユーザーから密かに注目を集めています。

トヨタ 新型ヴォクシー
トヨタ 新型ヴォクシー

 多人数乗車可能な3列シート配置のミニバンですが、普段は使用頻度の低いサードシートを収納したまま使用しているユーザーも多いようです。

 ただしこれまで、ミニバンのサードシートの収納工程はやや面倒なものでした。

 例えばホンダ「ステップワゴン」では、サードシートを180度反転させて床下に収納します。フラットな床と左右に広い荷室が確保できるのは利点ですが、収納時にはやや力が必要とされます。

 いっぽう先代のノア/ヴォクシーや、ライバルの日産「セレナ」のサードシートは5:5分割式で、それぞれ左右の壁側に跳ね上げて収納します。

 ばねの力を用いて容易に跳ね上げる工夫がされているとはいえ、いったんシートを前倒ししたり、壁側にベルト留めするなど、こちらも手間を重ねる必要がありました。

 新型ノア/ヴォクシーでは、そんな面倒な操作を排除しました。

「ワンタッチホールドシート」と名付けられた新開発の5:5分割サードシートは、左右に跳ね上げるスタイルこそ同じものの、一連の面倒な動きを片手でサクッと操作できるように刷新したのです。

 これはライバルメーカーには設定されていない、トヨタ独自の新機能です。

 手順は、サードシート下のロック解除レバーを引くだけ。
 
 ロックが解除されるとシート背もたれが自動的に前倒しされ、同時にダンパーの力が働くことで、たたまれたサードシートが側面の窓側へと軽く跳ね上がります。

 あとはシートと壁側のロックがカチッとハマればOK。力を込めることなく、片手でカンタンにサードシートを収納することができるのです。

 従来の面倒さや重たさを一度でも体感したことがあるミニバンユーザーなら、あまりのあっけなさに思わず声をあげてしまうかもしれません。

●セカンドシートのスライドがさらに容易になった相乗効果も

 新開発されたワンタッチホールドシートのおかげで、もうひとつの効果も得ることができました。

 先代ノア/ヴォクシー(7人乗りキャプテンシート仕様)では、セカンドシートを後部へ大きくスライドしようとすると、跳ね上げたサードシートと干渉してしまいます。

 そのため、一度左右のシートを内側へ寄せてから改めてスライドさせるという、2段階の手間が必要でした。

 しかし新型ノア/ヴォクシーでは、セカンドシートを内側に寄せる必要がなくなりました。

 跳ね上げたサードシートが壁側へきれいに収まる薄型設計なので、後部にスライドさせたセカンドシート(2列目席)とも干渉しないのです。
 
 新型ノア/ヴォクシーの7人乗り仕様では、ワンアクションで前後745mmもの超ロングスライドができる「スーパーリラックスモード」も実現しています。

>>> トヨタ車に安く乗りたい方はこちら!

【画像】これが感動モノのシートアレンジだ! 新型ノア/ヴォクシーの簡単サードシート収納を写真で見る(22枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

トヨタ 新型「ノア」サードシートと荷室
トヨタ 新型ヴォクシー
トヨタ 新型ヴォクシー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. ステップワゴンの床下格納もほとんど力要らないけど?