「邪魔モノにしないで!」 大型トラックが高速道路でゆっくり走行 「なぜ速度出せない?」 実情はいかに

高速道路を走行していると大型トラックがゆっくりと走行していることがあります。ときには複数車線を塞ぐようになっている場合もありますが、トラックの走行ルールはどのようになっているのでしょうか。

高速道路では、トラックは左側が基本!

 例年、ゴールデンウィークといった長期休暇では、高速道路を利用して移動する人が多くなる傾向にあります。
 
 そんななか、大型トラックなどが追越し車線をゆっくり走っていることもありますが、大型トラックの走行ルールはどのようになっているのでしょうか。

物流を支える大型トラック 早く荷物を届けなきゃ…でも速くは走れない訳とは
物流を支える大型トラック 早く荷物を届けなきゃ…でも速くは走れない訳とは

 高速道路は、片側1車線から3車線が一般的で、もっとも右側の車線は「追い越し車線」、その左側の車線については「走行車線」となります。

 なお、追い越し車線については、道路交通法第20条3項において「前方車両を追い越すとき」、「緊急車両等に進路を譲るとき」、「道路状況やそのほかの事情によってやむを得ないとき」の3つのケースで走行可能であると表されています。

 一方で、高速道路の路肩にはトラックが描かれた標識「特定の種類の車両の通行区分」が設置されていることがあり、これは基本的に「この区間ではトラックは1番左側の車線を走行するように」と指示されたものです。

 事実、高速道路を走行している際、左側の車線にトラックが多いと感じたことのある人も多いでしょう。

 現役トラックドライバーU氏は、高速道路でのトラック走行について「大型トラックは、高速道路では制限速度が80km/hと定められていて、スピードリミッターが搭載されているので、速度が出せても上限は90km/hほどとなります(総重量8t超の場合)」と話します。

 高速道路における乗用車の上限速度は、東名高速道路や東北自動車道の一部区間では120km/hとされており、100km/hほどであることも珍しくありません。

 そうしたなかで、トラックは80km/hまでとされているため、必然的にゆるやかな速度域である左側を走行することになるのです。

 また「デジタルタコグラフ」の搭載も、左側をゆっくりと走行する理由のひとつになっているといいます。

 デジタルタコグラフとは、主に速度や走行時間、走行距離を計測するもので、最新のものになると急加速や急減速なども記録しています。

 これにより、トラックドライバーはその運転方法を常に記録されている状態となり、常に一定の走行を意識することになるのだそうです。

  U氏は、一定の走行が求められる理由について、以下のように説明します。 

「『お客さまの荷物を安全に運ぶことができるから』というのが1番の理由です。

 加えて、ガソリン代の高騰が著しい現状もあって、できるだけ燃費を稼ぎたいというのも本音です。

 速度を一定に保つことで、燃費よく走ることができるので、急加速や急減速を控える運転をしています」

【画像】大型トラックは都内に入れない? 意外な条件が存在!(13枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

1 2

【2022年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント

7件のコメント

  1. この記事は甚だ疑問。数百メートル以上前のトラックを追走しているトラックを追い越そうとすると、乗用車が追い越し寸前で追い越し車線に割り込んでくるケースが多すぎ。20K/Hの車速の違いがあり、明らかに乗用車の追い越しが見えているはずにも拘わらずこのような危険な行為が、この程度の言い訳で許されるのでしょうか?

  2. この記事を要約するとトラックが追い越し車線をゆっくり走るのは仕方ないということ?ならば、走らなければ良いのでは?前の車に追いつかないように運転すれば良いだけ。そもそも追い越す必要がどこにあるのかを明確にしてほしい。安全に追越しを〜というのであれば、後続の追越車線を走行してる車の速度と自分の車の速度を見極めて、後続車にブレーキを踏ませないような走行をするのであれば、まだ納得はできるかもしれないが、実情そうではないドライバーが多数存在する。そもそも100キロ制限道路で車両速度限界の90キロで追い越してたら、後続が詰まるのは当たり前だし、追突事故になりかねない。運搬上、優先順位が一定に走ることなのか、安全かつ確実に運搬することなのか。この記事では優先順位を前者の一定に走ることに重きを置いてるが、そもそもそこが違う。トラックに限らず、バスやタクシーなどの運搬では車載物(者)を安全かつ確実に運搬することがもっとも大事なのでは?追越車線は反対側にもっとも近くかつスピードを出してる車が多数いることから、意図しない事象に合う確率が跳ね上がると思います。そこまでのリスクを負ってまで追越車線を走行し、速度を一定に保たなければならない理由を明確にしてほしい。1億歩譲って一般道ならまだしも高速などの有料道路では、通行者は個々に通行料を支払っているので、自己都合で運転するものではないということを当該記事では忘れている。この記事を書いた人も記事を掲載するためにチェックした人も教習所からやり直した方がいい。こんなにも主眼がズレている記事を久々に読んで気分悪くなりました。

  3. 抜かさなきゃいいじゃん。
    危ないんだよ。
    柄悪そうな奴らばっかだし

  4. 『車線変更禁止場所での車線移動』や『追い越し車線の90キロ定速走行』など、普通のサンデードライバーや初心者ドライバーがやってしまうような事を大型ドラックの運転手がやっていたのをGW中、九州・中国・阪奈地区など多くの場所で何度も見てきた。

    もう少しプロと思える、普通の小型乗用車しか載っていない人にも尊敬されるようなマナーの運転をして欲しいと思う、、、、それで給料を頂いているのだろうから・・・。

  5. 急減速は御法度だが速度が1キロ2キロ下がったところでそれがどうだというのか?
    そもそもトラックの事情はどうでもいい
    トラックが乗用車側の事情に配慮しろ

  6. 小便ペットボトルのポイ捨てやめたら少しは配慮してやるよ

  7. 追い越し車線走るな。
    それですべてが解決する