「余裕で億超え」レクサスの超豪華ヨット「LY650」に熱視線! 「ほぼホテル」空間を再現した!?

さまざまな高級車をラインナップするレクサスですが、じつはラグジュアリーヨット「LY650」もラインナップします。レクサスが展開する海上の超高級モビリティは、どのような特徴があるのでしょうか。

全長約65フィートの超高級ヨット

 トヨタマリンは、2022年3月31日から4月3日まで開催された「ジャパンインターナショナルボートショー2022」に、レクサスブランドのラグジュアリーヨット「LY650」を出展しました。

 クルマのみならず、ヨットまで展開するレクサスですが、LY650はどのような特徴があるのでしょうか。

レクサス「LY650」
レクサス「LY650」

 2019年に発表されたLY650のサイズは全長がおよそ20m(約65フィート)。名前の“650”は全長65フィート級のサイズであることが表現されています。

 船体は「Marquis Yachts」社と共同開発され、CFRP(炭素繊維強化プラスチック)とGFRP(ガラス繊維強化プラスチック)を組み合わせることで軽量・高剛性な設計としています。

 エンジンは「ボルボ・ペンタ」製IPSシステム(1350/1200/1050)を搭載。高出力と燃費性能の両立に加え、優れた航走安定性と操縦性を実現しました。

 インテリアは、高級ホテルのようなラグジュアリー感が醸し出されるデザインで、キッチンや寝室、クローゼット、化粧室を完備したほか、電子レンジ、冷蔵庫、ドラム式洗濯機も搭載。

 イタリアのヨットデザイン会社「Nuvolari Lenard」とのコラボにより細部まで作り込まれたということです。客室数は3部屋で、ベッド6名に対応します。

「ジャパンインターナショナルボートショー2022」に展示されたLY650の仕様では、オプション込みで約6億円という価格になるといいます。ベース価格は4億5000万円からということです。

 海における高級モビリティの姿が提案されたLY650。クルマも含めて、レクサスブランドから発表されるほかの高級モビリティにも、期待が高まります。

 それではここでクイズです。

 日本において、SUVからクーペ、セダンなど幅広いボディタイプの高級車をラインナップするレクサスですが、実は日本では販売していないボディタイプとして「ミニバン」が存在します。

 2022年4月現在、海外専売車となっているレクサスブランドのミニバンの名前とは、次のうちどれでしょうか。

【1】LX

【2】LM

【3】LZ

【4】RZ

※ ※ ※

 正解は【2】の「LM」です。

 LMは、上海国際モーターショー2019で世界初公開されたミニバンで、全長は約5m。後席両側スライドドアを装備し、中国市場や東南アジア市場などで展開されています。

※クイズの出典元:くるまマイスター検定

【画像】億超えはあたりまえ! レクサスの超高級ヨット「LY650」の実艇を細部まで見る(60枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント