ダイハツ「軽バン車中泊」はオジサンに人気? 車内で「寝る」こと意識した新型「アトレー」 実際に車中泊する人はいるのか

ダイハツのホームページでは、ダイハツ新型「アトレー」について車中泊に活用することができると説明していますが、実際にアトレーを購入しているユーザーは車中泊を目的としているのでしょうか。

軽商用バン「アトレー」は車中泊にもおすすめ?

 ダイハツの新型「アトレー」は、2021年12月20日にフルモデルチェンジされて発売されました。
 
 新型アトレーでは、車中泊を意識したコンセプトや機能・装備などが設定されていますが、実際のユーザーは車中泊を目的とした使い方をしているのでしょうか。

めちゃ「車中泊」を意識して開発されたダイハツ新型「アトレー」 ユーザーは車中泊するの?
めちゃ「車中泊」を意識して開発されたダイハツ新型「アトレー」 ユーザーは車中泊するの?

 今回、新型アトレーを開発するにあたりダイハツは市場調査をおこなったといい、軽キャブワゴン・軽乗用バンのユーザー層は、2009年時点で「シングル15%、子育て世代41%、子離れシニア世代44%」だったのに対して、2020年時点では「シングル12%、子育て世代32%、子離れシニア世代60%」と変化してきているといいます。

 さらに、おもな用途として「レジャー」と回答する人は、2013年の28%から2017年では35%と増加傾向にあるようで、開発担当者は「昨今はレジャーや車中泊などで、荷物を多く積むことや、車内の快適性という部分を意識して想定して開発しました」と説明しています。

 また、アトレーのターゲットは「中年の男性」だといい、その理由は「近年の車中泊需要」「新型コロナ禍でのテレワーク需要」などによるものだといいます。

 実際にSNSでは、そんなアトレーについて「アトレでキャンプきた?」「キャンプできない代わりにアトレーでキャンプ飯」など、「アトレー×キャンプ」の投稿が多く見られます。

 ダイハツの公式ホームページを見ても、アトレーを活用したカーキャンプにかかわる内容が豊富に掲載され、ほかにもカフェやオフィスなど、「第三の居場所。」をコンセプトに掲げています。

 また、キャンプに関連する内容では、大人ふたりが車内で寝転ぶ画像も掲載され「車中泊」をイメージさせるものと見て取れます。

 実際、アトレーを購入するユーザーのなかには、カーキャンプや車中泊などをメインの目的とする人もいるのでしょうか。

 ダイハツの販売店スタッフはアトレーの購入理由について、「商用目的の人は多く見られますが、カーキャンプや車中泊に活用するという人もかなり多くいらっしゃいます」といいます。

 SNSでも「キャンプ用にアトレー購入!」「アトレーは車中泊用です?」「アトレーでの車中泊用にキャンプ用品を購入しました」という声が見られ、車中泊を目的として購入している人が多いことがうかがえます。

 現行型のグレードには、標準バンタイプの「RS」と「X」、そしてバンデッキタイプの「アトレーデッキバン」がラインナップされています。

 標準バンタイプの荷室(2名乗車時)は、荷室長1820mm×荷室幅1410mm×荷室高1215mmとおり、、前席2席を残したままでもおよそ身長180cmの大人であれば、そのまま横たわることができる大きさになっています。

 また、ダイハツでは、荷室を多彩にアレンジできるようにオプションキットを用意。

 車内すべての窓に設置できるカーテンや、荷室を上段と下段に分けて活用できる「収納式デッキボードセット」、天井部分に収納スペースを確保する「オーバーヘッドネット」などがラインナップされています。

 収納デッキボードセットでは、最大積載荷重が200kgとなっており、停車時には人が乗ることも可能です。このデッキボードは寝台としても活用でき、上に寝袋やマットレスを敷くことで車中泊スペースに早変わりします。

 このようなオプションキットを用いることで、空間をうまく利用し、荷物の収納にも困ることなく車中泊が楽しめそうです。

※ ※ ※

 なお、担当者は「独自のカスタムで車中泊を楽しんでいる人が多く見られます」と話しており、なかにはそうしたオプションを選択せず、独自の改装をおこなっている人も少なくないようです。

 実際に、SNSでも独自のカスタムで車中泊環境を整えるところからカーキャンプを楽しんでいるアトレーユーザーが多く、オプションを生かした改装をしている人も見られます。

 最近ではクルマにDIYを施す人も増えており、アトレーはそうした人のベース車両としても活用されているモデルとなっています。

ダイハツ・アトレー のカタログ情報を見る

【画像】これなら快適に寝れる? アトレーの「車中泊意識仕様」を実車で確認!(27枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント