「レトロ感強すぎ!」 トヨタ丸目顔「タウンエース」が今夏発売! 斬新デザインに「黒エンブレム」装着仕様とは

「アウトドアデイジャパン東京2022」にレトロ顔なトヨタ「タウンエース」が展示されました。どのような特徴があるのでしょうか。

レトロな「タウンエース」ってなんぞや?

 トヨタ「ハイエース」や「ランドクルーザー」を新車のようにリフレッシュして、古くて新しい形にリノベーションして世に送り出しているフレックスのリノカ。
 
 その新作は同じくトヨタの「タウンエース」をベースとした「MOL」。可愛い顔をしてちょうど良いサイズとしてまもなく登場予定だといいます。

トヨタ「タウンエース」ベースの「MOL」がアウトドアイベントに展示された
トヨタ「タウンエース」ベースの「MOL」がアウトドアイベントに展示された

 少し年数の経ったハイエースやランドクルーザー、そのままリフレッシュしても良いけど、どうせ楽しむなら個性溢れるクルマならなお楽しい。

 そしてハイエースやランドクルーザーの古き良きデザインを現代にあわせてリデザイン。

 エクステリアはクラシックな感じがするけど、中身は新しい。そんなリノベーションを楽しむのがリノカという訳。そんなリノカの新作は手頃な価格とちょうど良いサイズのタウンエースをベースとしたMOLです。

 2022年1月14から16日の東京オートサロン2022と併催で開催されていた、東京アウトドアショーでお披露目されました。

 丸いお目目に少し鼻先が長いスタイルは、ちょっととぼけた感じだけど愛らしく可愛いデザインに仕上がっています。

 実際今回のアウトドアデイジャパン東京2022でも、女性からの支持がかなりあるようです。

 ハイエースをベースとしたコーストラインというリノカももちろん人気ですが、キャンピングカーとして考えるとハイエースは少し大きい。

 最近流行りの軽キャンパーでは少し狭い。その中間を担うのが、ちょうど良いサイズのタウンエースという訳です。

 そのタウンエースはベースのままだと商用車感が溢れているので、リノカのお作法の則って丸いヘッドライトに作り替えられています。

 また、トヨタのTマークやフロントバンパーをブラックアウトすることで、従来のトヨタエンブレムとはひと味異なる存在感を放ちます。

 さらに、ボディカラーも大地や植物など自然物を連想させるアースカラーに塗られています。

 ホイールだってちゃんと真っ黒にペイントすればオシャレな感じもアップ。トーヨータイヤのオープンカントリーを履くことでアウトドア感も増してきます。

 インテリアはまだ開発途中ということで、ひとまずシート地を貼り替えてブランケットなどを被せているだけです。

 ラゲッジルームもまだ何もされていませんが、ラゲッジにフラットになるボードを設置し、その高さに合うようにセカンドシートもフラットに倒れるシートを開発して装着する予定。

 となれば、セカンドシートからラゲッジまでが広大なフラットスペースとして車中泊にも対応できそうです。

 ベッドキットなどは簡単にできそうですが、リノカでは、そのクルマに合わせたエクステリアのデザインを何度もデザインし、実際に作り上げてからも走行テストや耐久試験など数年かけておこなっているといいます。

 もちろんインテリアもその車両にあわせてデザインして使い勝手を研究するため、時間が掛かるようです。

 それにより、現在急ピッチでMOLの完成目掛けて開発中だといい、2022年夏頃には発売を予定しています。

トヨタ・タウンエースバン のカタログ情報を見る

【画像】レトロ顔「タウンエース」登場! これは良いかも! 内外装を実車で見る!(29枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント

5件のコメント

  1. VW旧車デザインをプロボックスでパクって売れたから二匹目のドジョウが狙ったんですかね?

  2. また後ろ姿隠した記事www
    こんなコメントでも1件いくらで報酬出るって楽でいい仕事ですね

  3. アンチコメントやネガティブコメントって嫌だね。

    • 悪いところしか見えない人たちなんでしょうね。
      自分が好きなものの優位性が失われるのが怖くて人を貶める。そうしてつまらない満足してる。
      人として哀れです。

  4. 何でも誉めればいいってもんじゃないでしょうが。
    ほんと、提灯記事丸出しだね。