千葉の「銚子連絡道路」さらに東へ! 旭市までの13km区間がいよいよ事業化

山武東総道路三期の2022年度新規事業化が決まりました。開通すると、銚子連絡道路の一部となって、圏央道と千葉県銚子市を結びます。

匝瑳市から旭市までの13km区間が新規事業化

 銚子連絡道路のさらなる延伸計画が動き出します。

渋滞する国道126号(現道)の干潟交差点(画像:国土交通省関東地方整備局)
渋滞する国道126号(現道)の干潟交差点(画像:国土交通省関東地方整備局)

 2022年3月、国土交通省関東地方整備局が2022年度の予算概要を発表。この中で、「国道126号 山武東総道路三期」の新規事業化が盛り込まれました。

 国道126号「山武東総道路」は、地域高規格道路の銚子連絡道路を構成し、千葉県の山武市と旭市を結びます。

 一期区間は、圏央道の松尾横芝IC(山武市)から横芝光IC(横芝光町)までの延長6.1kmで、2006年3月に有料道路の銚子連絡道路として開通しています。

 二期区間は、横芝光ICから八日市場IC(仮称。匝瑳市)までの延長5kmで、2023年度の開通に向けて建設が進められています。

 そして今回、新たに事業が動き出すのが三期区間で、八日市場IC(仮称)から道の駅「季楽里あさひ」付近(旭市)までの延長13kmを結びます。

 2022年度の予算は5000万円で、調査設計が実施される予定です。

 山武東総道路の二期・三期が整備されることで、農水産物をはじめとする物流の効率化、救急医療施設へのアクセス性向上、国道126号(現道)の混雑緩和などが期待されています。

 なお、三期区間からさらに東の銚子連絡道路の整備については、1993年に開通している国道126号「飯岡バイパス」(延長約6km。旭市)の活用や、旭市・銚子市にまたがる区間は拡幅などが計画されています。

【画像】整備が進む「銚子連絡道路」「山武東総道路」の位置(7枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント