VWのクーペSUV新型「Tロック」欧州で発売開始! 日本未発売のオープンモデルも同時登場

スタイリッシュなクーペSUVとして日本でも人気のVW「T-Roc(Tロック)」がマイナーチェンジ、改良新型が欧州で発売されました。

すでに全世界で100万台以上が販売されているクーペSUV

 独フォルクスワーゲン(VW)は2022年3月1日、欧州市場にて改良新型「T-Roc(Tロック)」、およびオープンモデルの「T-Roc Cabriolet(Tロックカブリオレ)」を発売しました。

VW改良新型「Tロック」
VW改良新型「Tロック」

 Tロックは、2017年8月に欧州で世界初公開されたコンパクトクーペSUVです。

 2019年末からはスポーツモデル「T-Roc R(TロックR)」、そして2020年春にはTロックカブリオレを追加。すでに全世界で100万台以上が販売されるベストセラーカーとなっています。 

 日本でも2020年7月から販売開始。手ごろなサイズ感とスタイリッシュなスタイリングで人気となり、2021年通年の外国メーカー車モデル別新車登録台数では7241台と、全体の6位に入っています。

 2021年11月に欧州でマイナーチェンジ、改良新型が初公開され、今回ドイツ市場はじめ欧州市場で発売されました。

 変更点としては、内外装を一新。外観ではLEDヘッドライトとダークリアライトが標準装備されました。またフロントフェイスも一新され、よりシャープなクロスオーバーらしいデザインになっています。IQライトと呼ばれるLEDマトリックスヘッドライトも初めてオプション設定されています。

 大きく変更されたのはインテリアです。インフォテイメントディスプレイはタブレットのように設計され、8インチまたは9.2インチと大型化されています。さらにデジタルインストルメントクラスターが標準装備されており、「デジタルコックピットプロ」として最大10.25インチのフル液晶メーターが選択できます。

 改良新型Tロックには、フロントアシストおよびレーンアシストを標準装備。さらにIQ.ドライブトラベルアシストと呼ばれる追従式クルーズコントロールを搭載、210km/hまでステアリング操作やブレーキ、加減速をアシストします。
 
 ドイツでの最廉価モデル(1.0TSI、6速MT)の車両価格は2万3495ユーロ(日本円で約300万円)から用意されます。

 またTロックのオープンモデル、Tロックカブリオレも同時に改良されました。日本未導入のこのモデルは2ドアながら4名乗車を実現、さらに284リッターの荷室を確保しています。ルーフにはソフトトップを採用、スイッチひとつで約9秒で開き、約11秒で閉じることが可能です。

 Tロックカブリオレのドイツでの車両価格は、1.0TSIエンジンの「スタイル」が3万1850ユーロ(約405万円)からとなっています。

 その他にも、300馬力・400Nmを発生する2リッター直列4気筒ターボ「TSI」エンジンを搭載する最強モデル、TロックRも欧州でマイナーチェンジされました。

 TロックRのトランスミッションは7速DSG(DCT)、駆動方式は4MOTION(4WD)で、0−100km/h加速は4.9秒、最高速度は250km/h(リミッター作動)という優れたパフォーマンスを発揮します。

 ドイツでの車両価格は4万8445ユーロ(日本円で約630万円)です。

※ ※ ※

 この改良新型Tロックは、2022年中に日本に導入予定です。

 日本未導入のTロックカブリオレ、およびTロックRが登場するかは未定ですが、パフォーマンスモデルのTロックRのほうは改良新型Tロックと同時に日本で発表される可能性があります。

フォルクスワーゲン・T-Roc のカタログ情報を見る

【画像】2022年中に日本導入! VW改良新型「Tロック」シリーズを見る(24枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー