スズキ新型HB「バレーノ」世界初公開! 幅広感演出の新顔採用! 約97万円から 印で発表

スズキのインド子会社のマルチ・スズキは、プレミアムハッチバックの新型「バレーノ」を世界初公開しました。

現地ではサブスクサービスで利用も可能

 スズキのインド子会社であるマルチ・スズキは、新型「バレーノ」を2022年2月23日に世界初公開しました。

マルチ・スズキが発表した新型「バレーノ」
マルチ・スズキが発表した新型「バレーノ」

 バレーノは、2015年にインド市場から販売開始された小型ハッチバック車です。インド国内ではプレミアム志向の販売ブランド「NEXA」で取り扱われます。

 インドで販売されるだけでなく、世界各地で販売されるグローバルモデルです。なお、日本市場でも2016年から2020年まで販売されていましたが、現在はラインナップされていません。

 今回発表された新型バレーノは、NEXAの新しいデザイン言語「CRAFTED FUTURISM」を採用した最初のモデルとして登場。

 また運転支援装備やインフォテインメントシステムなど、各種装備も刷新されています。

 新型バレーノについて、マルチ・スズキのマネージングディレクター兼CEO 鮎川堅一氏は次のようにコメントしています。

「発売以来、バレーノはインド国内はもとより、世界100か国以上で100万人を超えるお客さまに愛用いただき、そのデザインと性能を高く評価し、喜んでくださっています。

 新型バレーノは、未来に向けた我々の新しいアプローチです。テクノロジーとイノベーションに焦点を当てた新型バレーノは、セグメント初の機能を複数搭載し、プレミアムハッチバックセグメントを再び活性化させていきます。

 新時代のテクノロジーと機能、そして新鮮な外観、プレミアムなインテリア、優れた安全性への配慮が、お客さまの体験を新たな高みへと導くことでしょう」

※ ※ ※

 新型バレーノのボディサイズは、全長3990mm×全幅1745mm×全高1500mmです。

 フロントフェイスが刷新され、よりワイドで存在感のあるフロントグリルを採用。内装は、ピアノブラック加飾やメタリックグレーのアクセントカラーなどにより上質かつプレミアムな雰囲気を演出します。

 さらに、ヘッドアップディスプレイや9インチディスプレイのインフォテイメントシステム「SmartPlay Pro+」、次世代スズキコネクトといった先進装備も搭載されます。

 スマートウォッチやAlexaを介した音声操作にも対応しました。

 エンジンは、最高出力90馬力・最大トルク113Nmを発揮する1.2リッターデュアルジェット・デュアルVVTエンジンを搭載。アイドリングストップ機構も搭載され、燃費性能は22.94km/L(AGS車)を記録します。

 トランスミッションはAGSとMTの2種類です。

 ボディカラーは「NEXAブルー」を含む全6色が設定されます。

 新型バレーノの価格は、63万5000ルピーから94万9000ルピー(約97万円から約145万円、1ルピー1.53円で計算)です。現地ではサブスクリプションサービス(マルチ・スズキ サブスクライブ)も設定され、月額1万3999ルピー(約2万円)から利用することもできます。

スズキ・バレーノ のカタログ情報を見る

【画像】スズキが新型HB「バレーノ」を世界初公開! シャープなイケ顔に刷新!? 約97万円から 実車を画像で見る(15枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント