ドイツの新型電動スクーターが日本市場へ BMW Motorrad「CE 04」発売決定

BMW Motorradから2番目となる電動スクーター「CE 04」が登場しました。日本では2022年4月22日より、取り扱い正規ディーラーにて販売が開始されます。

ゼロから時速50キロまで2.6秒で到達、排気量250cc相当の電動スクーター

 BMW Motorradから2番目となる電動スクーター「CE 04(シーイー・ゼロフォー)」が登場しました。日本では2022年4月22日より、取り扱い正規ディーラーにて販売が開始されます。価格(消費税10%込み)は161万円からとなっています。

【画像】BMW Motorradの新型電動スクーター「CE 04」をもっと見る(14枚)

BMW Motorradの電動スクーター「CE 04」

 2017年に登場した電動スクーター「C evolution(シー・エヴォリューション)」に続く「CE 04」は、最高出力31kW(42PS)を発生する電気モーター、容量60.6Ah(8.9kWh)のバッテリーを搭載し、約130kmの航続可能距離を実現しています。

 新しい駆動テクノロジーを搭載する車体は、都市型2輪自動車の先見的フォルムを具現化し、一目でBMW Motorradファミリーの一員だと判断できるスタイルとなっています。

 スケートボードを思わせる前後に長いフローティングシートをはじめ、片持ちスイングアームに組み合わされたリアディスクホイール、格納するとボディデザインと一体化するサイドスタンド、オレンジ色のウィンドデフレクター(フロントスクリーン)、“面”で構成された現代的な車体デザインなど、すべてが特徴的だと言えるでしょう。

BMW Motorradの電動スクーター「CE 04」

 電気駆動システムには水冷電気モーターが採用され、動力はベルトによって後輪へ伝達されます。フローティングシート下部にはリチウムイオンバッテリーと永久磁石式電気モーターが前後に並び、燃料タンクや吸排気システムなどを必要としない車体には、これまでとは違った自由度の高い車体デザインが見られます。

 充電は車両に付属する充電器(Mode2)による単相200V/15Aの普通充電、設置型のEV200V用普通充電器(Mode3)で最大単相200V/32A(6.4kW)のハイスピード充電、BMW Wallboxなどに対応しており、バッテリー残量0%から100%までは、充電方法によって異なりますが、約1時間から約4時間となっています。なお、急速充電方式のひとつであるCHAdeMO(チャデモ)には対応していません。

BMW Motorradの電動スクーター「CE 04」

 搭載される電子制御システムでは、ABS ProやASC(オートマチック・スタビリティ・コントロール)をはじめ、DTC(ダイナミック・トラクション・コントロール)、ライディングモード(エコ、レイン、ロード、ダイナミック)など、BMW Motorradの内燃機エンジンモデルで培ってきたノウハウが反映されています。

 定格出力15kW(20PS)で日本においては普通2輪免許で運転可能な「CE 04」(日本仕様)は、ETC2.0車載器、シートヒーター、グリップヒーター、デイタイムランニングライトなどが標準装備され、シート高は800mm、車体重量は231kgとなっています。

提供:バイクのニュース

逃げられない速さ! なぜ電動白バイ導入? 警視庁が白バイにBMW製EVバイクを選んだ理由とは


BMWで一番ちいさなバイク 普通二輪免許で乗れる「G 310 R」の存在感


普通自動車免許で乗れる前2輪の電動バイク「GOGO! R」が登場!


突如でてきた「カワサキ」の電動バイク いつ発売?


ヨーロッパで一般的な「3輪スクーター」 日本では普及が進まない理由とは?

【画像】BMW Motorradの新型電動スクーター「CE 04」をもっと見る(14枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント