なぜネコは交通事故に遭いやすい? 意外にも「ネコの生態」が関係? 事前に出来る対策とは

交通事故から猫を守る対策とは

 猫は生態や外部環境など、さまざまな理由によって交通事故に遭いやすいといえますが、被害を減らすために何か対策はおこなわれているのでしょうか。

 大手カー用品店のイエローハットは、前出のキャンプニャンと共同で制作した世界初の「猫専用の交通安全動画」をYouTubeで公開し、猫の交通事故を減らすための対策を促しています。

 この動画に使用されている楽曲は猫の可聴領域を活用して制作されており、猫の注意を引き、飽きさせないような工夫がされています。
 
 実際に動画を用いた検証では、猫10匹が動画に集中している様子も見られ、動画が猫を引きつけることに有効的であることがうかがえます。

 そのため、例えば野良猫を安全な場所に集めたり、ペットの猫を庭から室内へ引き戻したりする際に、猫を引きつけたい場所にタブレットなどを設置して動画を流すと効果的といえるかもしれません。

エンジンルーム内に入り込んだ子猫 このような事象に対して「猫バンバン」が有効
エンジンルーム内に入り込んだ子猫 このような事象に対して「猫バンバン」が有効

 また、私たちが普段から実施できる対策として、自動車メーカーやJAFが推奨している「猫バンバン」が挙げられます。

 猫バンバンとは、寒くなると猫が温もりを求めてエンジンルームやタイヤの間に入ってしまい、それに気づかずにエンジンをかけてしまうことを防ぐための対策術です。

 クルマに乗る前にボンネットをバンバンと叩くだけで猫に私たちの存在を気づかせることができます。

 さらに前出の担当者は、対策として「家で飼っている猫は外の環境に慣れていないため、極力外に出さないであげることが1番です」と話します。

※ ※ ※

 私たちの知らないところで、多くの猫がクルマとの交通事故の被害を受けています。

 クルマを運転する人は、猫の習性を理解するだけでも事故を未然に防ぐことができるかもしれません。

【画像】バイクのヤマハが可愛すぎる「猫」を作った! 日産の「にゃっさんデイズ」って? メーカーの猫愛を見る(22枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

頭金0円で新車に!? トヨタのサブスクを徹底解説

最新記事

コメント

5件のコメント

  1. "猫パンパン”はそもそも交通事故を減らすものではない。
    Peacock Blue K.K.は中途半端な文章を書き散らしているな。

  2. >薄明薄暮性とは、明け方から夕方にかけて活発的に行動する習性
    文章表現が間違ってるね、
    これでは朝から晩まで日中ずっと活発的という事になるよ
    明け方や夕方の時間帯に主に活発的になる行動習性
    とでも修正するべきかと

    • このたびはご指摘をいただき、誠にありがとうございます。
      修正いたしました。

  3. 薄明薄暮性哺乳動物は
    ネコだけにあらずイヌもネズミもウサギなども含まれますから
    一因であっても要因とは言えないんじゃないでしょうか?

  4. 「猫は轢け、犬は避けろ」とは猫は猫単独で飛び出すので、避けたことに依って他車(他者)との重篤な事故を引き起こすくらいなら避けずに引け。反対に犬の場合は飼い主が一緒に飛び出すので避けろという意味。ただ、それを避けたことに依って引き起こされる事故で死傷者が出れば、犬の飼い主に多大な刑罰や請求が行くこともあり、いづれにしても死角から飛び出すであろう状況(危険と思われるシーン)があればいつでも停まれる速度まで減速する。

    なお、最近は猫もかなり賢くなっており、横断前に左右の確認をする個体も多く、轢かれた猫を見かけるケースは減り、伸縮リードで散歩させる馬鹿飼い主の増大により犬へのリスクも猫と同等と思われる。余談だが通勤・帰宅時の轢かれている動物を見ると、タヌキやキツネ、アナグマなどが多く、ついで猫よりも遥かに賢い筈のカラスが多い。