日産「ルークス」と三菱「eKスペース」「eKクロススペース」出荷再開へ エアバッグを改良

一時的に停止していた日産「ルークス」と三菱「eKスペース」「eKクロススペース」の生産・出荷が、2022年2月11日に再開します。すでに販売している一部車両はリコール対象になるといいます。

すでに販売した車両はリコール

 日産は2022年2月4日、エアバッグの不具合が判明して一時的に停止していた軽スーパーハイトワゴン「ルークス」の生産・出荷を、11日に再開すると発表しました。

 三菱も同日、ルークスの兄弟車にあたる軽スーパーハイトワゴン「eKスペース」「eKクロススペース」について、生産・出荷を11日に再開すると発表しています。

日産「ルークス」(写真左はエアロ仕様の「ルークスハイウェイスター」)と三菱「eKクロススペース」(右)
日産「ルークス」(写真左はエアロ仕様の「ルークスハイウェイスター」)と三菱「eKクロススペース」(右)

 ルークス、eKスペース、eKクロススペースは、日産と三菱の合弁会社NMKVが基本部分などを開発したモデルです。いずれも室内の広さや使い勝手の良さなどが特徴で、現行モデルは2020年3月に発売されました。

 しかしこれらのモデルは、前面衝突試験で運転席エアバッグ性能が想定通りに発揮されない可能性が判明したため、2021年12月から生産・出荷・登録業務が一時的に停止されていました。

 今回、原因が特定されたことを受け、両社は対策として、エアバッグ内部に吊り紐を追加して常に設計位置でエアバッグが展開するよう制御するとともに、この効果をさらに安定化するため、運転席側にニーエアバッグ(ひざ部分のエアバッグ)を標準装備するといいます。

 なお、すでに販売した車両についても近日中にリコールが出る予定です。対象は2020年12月以降に生産された車両で、準備が整い次第、ユーザーに連絡をするとしています。

日産・ルークス のカタログ情報を見る

三菱・eKスペース のカタログ情報を見る

【画像】日産と三菱、デザインの違いは!? 2モデルの詳細を画像でチェック(30枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー