バレンティーノ・ロッシ選手、2022年は四輪のドライバーとしてレースに参戦!

2021シーズンでMotoGPを引退したバレンティーノ・ロッシ選手は、WRT-W Racing Teamから2022年シーズン四輪のドライバーとしてスパ24時間をはじめ全10戦に挑戦予定です。

伝統のスパ24時間をはじめ全10戦に参戦予定

 2021年11月のMotoGP最終戦バレンシアGPを最後に26年間のレギュラー参戦に終止符を打ったバレンティーノ・ロッシ選手は、四輪レースに転向することを希望し、1月6日から3日間、バーレーン12時間耐久レースに参戦する予定でしたが、新型コロナウイルスの感染者と濃厚接触した疑いがあったことから欠場しています。

【画像】バレンティーノ・ロッシ選手の画像を見る(6枚)

WRT-W Racing Teamからアウディのドライバーとしてバレンティーノ・ロッシ選手参戦

 バレンティーノ・ロッシ選手は、チャンピオンチームの『WRT-W Racing Team』からアウディのドライバーとしてゼッケン46番の「Audi R8 LMS」に乗り込み、GTカーのレースに参戦。耐久レースとスプリントカップの両方に参戦することが決まっています。また、両シリーズとも、アウディスポーツのドライバーとペアを組む予定です。

テストに参加したバレンティーノ・ロッシ選手

 バレンティーノ・ロッシ選手は、「『Fanatec GT World Challenge Europe powered by AWS』にフル参戦するために『WRT Team』に加入することを嬉しく思う。

 誰もが知っている通り僕は四輪レースの大ファンで、『MotoGP』でのキャリアが終わったら、四輪レースに参戦することに関心がありました。今はハイレベルで適切なプロのアプローチからカーレースプログラムに専念できるように、『WRT Team』は追求していたもので、『Fanatec GT World Challenge Europe powered by AWS』で新たな挑戦を始めたい」と語っています。

ゼッケン46番の「Audi R8 LMS」でレースに参戦

 昨年12月にバレンシアのサーキット・リカルド・トルモでテストが実施され、参戦が決定。3月7日と8日にフランスのポールリカールでもテストが予定され、4月1日から3日間、イタリアのイモラ・サーキットの開幕戦で、バレンティーノ・ロッシ選手は、レギュラードライバーとしてデビューします。

提供:バイクのニュース

【MotoGP ゼッケンナンバーよもやま話】マルケス“93”ロッシ“46”の由来とは?


ヤマハ「R1 GYTR VR46 Tribute」 偉大なる功績を残したロッシ選手に贈呈


ヤマハ「YZR750」 ロードレーサー2スト最大排気量のモンスターマシン


「ロッシはスタンドからでもMotoGPを支配し続ける」シュワンツがロッシにスペシャルヘルメットをプレゼント!


元F1ドライバーのベルガーがロッシに熱烈オファー!? 2022年はDTM(ドイツツーリングカー選手権)を走る可能性も

【画像】バレンティーノ・ロッシ選手の画像を見る(6枚)

【武田修宏さん】愛車に最高級コーティングを試した結果は?!(PR)

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【2023年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。