黄金ノアが存在!? トヨタ新型「ノア/ヴォクシー」のスケッチ公開! 奇抜デザインの開発経緯とは

トヨタが2022年1月13日に発売した新型「ノア」と新型「ヴォクシー」。ド派手かつ奇抜なデザインに賛否がありますが、どのような経緯で誕生したのでしょうか。

トヨタ新型「ノア」と新型「ヴォクシー」のデザインスケッチがスゴい!

 トヨタ新型「ノア」、新型「ヴォクシー」が2022年1月13日に発表・発売され1週間以上が経過し、第一印象の「ド派手デザイン」も見慣れてきたというユーザーが増えつつあります。
 
 奇抜なデザインが目立った新型ノア/新型ヴォクシーですが、どのような経緯でデザインされたのでしょうか。

新型ノアには黄金仕様があった!? デザインスケッチで明かされる開発経緯とは
新型ノアには黄金仕様があった!? デザインスケッチで明かされる開発経緯とは

 新型ノア/新型ヴォクシーのエクステリアデザインは、歴代モデルで追求してきた、室内空間の最大化と力強いハコ(箱)らしさを継承深化。

「堂々・躍動的な力強いハコ」スタイルを追求し、お客様の安心と所有する喜びを提供することを目指してデザインされたといいます。

 新型ノアには、標準仕様とエアロ仕様のふたつがラインナップされており、標準仕様のデザインは、シンプルながらも細部まで造り込みをおこないながら、上質かつロングラスティングなスタイルを追求。

 フロント部分では、一括りの明解なアイコンと、ボディ同色であしらった面勝ちグリルや切れのあるランプグラフィックで、堂々かつモダンなスタイルを表現しました。

 エアロ仕様となる「S-Z」「S-G」グレードでは、面勝ちメッキグリルによって華やかかつ強い押し出し感を演出。さらにフロントとワイド&ロースタンスのリヤとで、王道のエアロスタイルらしいアグレッシブさを表現しています。

 一方の新型ヴォクシーでは、先鋭かつ独創的なスタイルを追求。フロント部分は、ラウンディッシュな薄型アッパー部と分厚くスクエアなロア部の組み合わせによってコントラストの強い立体構成と個性的なグラフィックを実現しました。

 さらに、怪しく光る特徴的なフロント/リアランプによって夜でもその存在感を強調しています。

 また、ボディカラーでは新規開発色として、上質なブラックのグリッターブラックガラスフレーク、ダークで重厚感あるマッシブグレーを設定し、新型ノアは全5色(「S-Z」「S-G」は全6色)、新型ヴォクシーは全6色の展開となっています。

 そうした新型ノア/新型ヴォクシーのデザインにおいて、トヨタはそれぞれのスケッチ画像を公開しています。

 新型ノアの初期スケッチでは、光沢のあるシルバーで塊感のあるボディが描かれていました。

 中間アイデアのリファインスケッチでは、ゴールドのボディカラーを纏いつつ初期よりはスタイリッシュな様子が描かれています。

 そして、最終スケッチでは市販モデルのような造形画像やクレイモデルの作業風景を公開。

 一方の新型ヴォクシーの初期スケッチでは、カラフルなボディカラーにネオンのようなヘッドライトが印象的なものが描かれています。

 リファインスケッチでは市販モデルのように大きく開口されたフロントグリルが描かれている様子がわかります。

 さらに、新型ノア/新型ヴォクシーのそれぞれにおけるランプ類スケッチも公開されており、細分化されたランプデザインの様子も見て取れます。

 また、インテリアデザインでも初期から水平基調をベースにしていることが分かるほか、中間スケッチでは実際の収納を意識したレイアウトも意識されていたようです。

 こうしてデザインされた新型ノア/新型ヴォクシーについてデザイン担当者は次のように説明しています。

「ノアの標準はお客さまに長く乗っていただけるようにシンプルだけど細かな部分までつくりこんでいます。

 エアロは、堂々かつアグレッシブなスタイルを目指しフロントのランプをひとくくりにしたデザインに挑戦しています。

 対してヴォクシーでは、これまでのミニバンでは物足りないと思っている若年層のお客さまや、個性を重視するお客さまにお応えする独創的なスタイルを目指しています」

※ ※ ※ 

 お披露目された際の奇抜なデザインについて賛否あったものの、SNSでは「慣れてきた」という声も見られつつあります。

 実際に担当デザイナーは「社内でも色々な意見はあった」といいますが、デザインはやがて自然と溶け込んでいくこともあり、今後納車が開始されたのちには見慣れたデザインとなるといえそうです。

トヨタ ノア
トヨタ ノア
  • 新車販売価格:267.0~389.0万円
ボディタイプ
ミニバン
販売年月
2022年1月~生産中
トヨタ ヴォクシー
トヨタ ヴォクシー
  • 新車販売価格:309.0~396.0万円
ボディタイプ
ミニバン
販売年月
2022年1月~生産中

【画像】新型ノアヴォクのデザイン画公開! 黄金仕様のノアがあった? 市販までのスケッチを写真で見る!(47枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント