LEXUS顔のトヨタ「アルファード」 純正グリル&ヘッドライト装着のホンモノ仕様登場! ギリギリ攻めた部分とは

2022年1月14日から3日間にわたり開催された「東京オートサロン2022」に、まるでレクサス初のミニバン「LM」のようなカスタムカーが出展されました。一体どのような車両なのでしょうか。

こだわり抜いた「LM」風のアルファード、そのポイントとは?

 レクサス初のミニバン「LM」を彷彿とさせるトヨタ「アルファード」のカスタムカーが東京オートサロン2022出展されました。
 
 この車両は、北海道にあるユニバーサルという会社が制作したもので、アルファードをLM風にカスタムした「UNIVERSAL X T-STYLE(ユニバーサルエックスティースタイル)」となっています。

これはホンモノのレクサス「LM」!? 純正パーツ装着のクオリティ高いアルファード!
これはホンモノのレクサス「LM」!? 純正パーツ装着のクオリティ高いアルファード!

 このアルファードは、アジアの一部地域で販売されているLMの純正部品を逆輸入して制作されています。

 今回出展されたアルファードの制作の経緯について、ユニバーサル代表の高城氏は「千葉県にある『T-STYLE』というカードレスアップ専門店から声をかけていただき、レクサスの純正部品を頂いたことがきっかけで、今回の車両を制作しました」と話します。

 そして、この車両の一押しポイントについて、高城氏は以下のように話します。

「このカスタムのまま公道で走行することができるという、実用性も兼ね備えている点は一押しポイントのひとつです」

 続けて、「足回りのギリギリのセッティングも注目して欲しい点です」といいます。

 実際に車両を見てみると、フェンダーとタイヤの隙間がほとんどないことがわかります。

 さらに、高城氏は「ベース車両にアルファードの前期を選んだこともこだわりのポイントです」としつつ、以下のように続けます。

「アルファードの後期をベースにカスタムカーを制作されている人は多いですが、アルファードの前期でもこれだけ良い仕上がりのものが制作できますということを伝えたいです」

 一方で、制作で苦労したことについて高城氏は以下のように話します。

「レクサスの純正部品ということもあり、価格も高く簡単に手に入れることができないため、傷つけることが無いように慎重に扱わなければいけないという点で苦労しました」

 エンブレムやフロントグリルなどのひとつひとつのパーツを丁寧にセッティングしたことが、このアルファードがまるでレクサス初のミニバン「LM」であるかのように思わせる要因になっているのかもしれません。

 高城氏は、今後の展望について「ムーブメントとなったLMのように、次にくるであろう流行に合わせた、『バズる』車両を制作したいです」といいます。

※ ※ ※

 オートサロンには個性的な車両がさまざま出展されていますが、ユニバーサルのように、日常生活では目にすることがないようなモデルを彷彿とさせるカスタムカーを楽しむことができるのも魅力のひとつといえそうです。

アルファードが欲しい! 詳細情報はコチラ!

【画像】LM純正パーツをアルファードに! 違和感ゼロなカスタムカーがスゴい!(107枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

頭金0円で新車に!? トヨタのサブスクを徹底解説

最新記事

コメント