スバルが凄いの作った!1000馬力超の新型ハイパーカー「STI E-RA」世界初公開! スポーツEVで記録に挑む!

スバルのモータースポーツ活動を統括するSTIは、新型ハイパーEV「STI E-RA」を東京オートサロン2022で世界初公開しました。カーボンニュートラル時代のモータースポーツEVとは、どのようなものなのでしょうか。

ニュルのタイムアタックでラップタイム400秒を目指す!

 スバルのモータースポーツ部門を統括するスバルテクニカインターナショナル(STI)は、カーボンニュートラル時代におけるモータースポーツで新しい技術の経験と修練を積むことを目的とし、STI近未来モータースポーツスタディプロジェクト「STI E-RA CHALLENGE PROJECT」を立ち上げました。

 そして、このプロジェクトで開発を進めてきた「STI E-RA」のコンセプトカーを2022年1月14日から16日まで開催される東京オートサロン2022で世界初公開しました。

スバル新型「STI E-RA コンセプト」
スバル新型「STI E-RA コンセプト」

 E-RAは「Electric-Record-Attempt」の頭文字で、STIのDNAである「記録への挑戦」の意味を込めて命名しています。

 新型STI E-RAコンセプトは「走りの愉しさ」「絶対的な安心感」といったスバルらしさをSTIがより際立たせるため、スバルの強みである「全輪制御技術」の知見を活用。

 システム最高出力800kW(1088馬力)という高出力を、新たに採用する独自の4モーター4輪トルクベクタリング技術で制御します。

 モーターはヤマハ発動機が供給するハイパーEV向けギア、インバーター一体式の高回転高出力タイプを採用し、蓄電量60kWhのリチウムイオンバッテリーで駆動。

 独自のトルクベクタリングシステムは、走りの愉しさを最重要課題としたドライバー志向の制御で、4輪それぞれのグリップ限界までバランスを均等化させることで、グリップレベルを最大限に引き上げるとともに、車体の姿勢を安定させます。

 最大の効果を得るためには、荷重移動に伴って最適な駆動トルクを4輪に独立して与えることが最良の手段であり、車輪速、車速、舵角、G、ヨーレート、ブレーキ圧、輪荷重などの各種センサーからの信号をリアルタイムに計算し、目標のスタビリティファクターになるように各輪の駆動制動トルクを決めてインバーターに指示を出します。

 4輪へダイレクトにモーターが付いているため応答性が高く、かつ車体のヨーを直接的にコントロールできる構造は、車両運動性能を最大化できるシステムとして考えられ、将来のモータースポーツ車両(FIA E-GT)のレギュレーションにも盛り込まれていることから、STIでは取り組むべき最適な方向性と捉えているといいます。

※ ※ ※

 新型STI E-RAコンセプトは2022年に国内サーキットを含む走行実験を重ねたのち、2023年以降にニュルブルクリンクサーキット(ドイツ)でのタイムアタックでラップタイム400秒(6分40秒)に挑戦することを最初の目標としています。

【画像】メチャクチャ速そう! 1000馬力超のスバル新型「STI E-RAコンセプト」(15枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント

6件のコメント

  1. かっちょいい~

  2. 内燃機関が最後の時期に終の車を100万ぐらいで、オープンカーで探してる自分には、全て、夢の世界。
    ただ、死ぬまでにスポーツカーのオーナーになる夢だけは実現したい。
    多分、スズキのスイフトスポーツの今のモデルの数年後に狙う事になるだろう!

  3. 有意義な記事や興味深い記事があり関心を持って拝見しているが、商売とはいえ広告がしつこくイライラ感が半端ない!また、広告を消しても「広告の表示を停止しました。」のテロップで本文が非常に読み辛い!

  4. スバル車1000超馬力、スポーツEVで記録に挑むすごいですね?世界で初めてですか?

  5. SUBARUじゃなくてSTIじゃないか。

  6. システム最高出力800kW超えるエレクトリックモーターを作ること自体は造作もない事だが、
    問題はバッテリーとその連続出力を維持制御出来るシステムモジュールとワイヤーハーネスの耐久性だろうな、
    ニュル1ラップ400秒しか持たない程度のEVカーなら他国他社でも出来る話で
    それ自体は今どきあまり意味無い挑戦だと思うが、
    ある意味やっとEV競争のスタートラインに立ったという所だね。
    EV化に出遅れてるスバルからすれば、
    スバルでもこれくらい出来るんですとアピールしたいのだろう。