まさかのトヨタ「クラエース」爆誕!? クラウン顔のハイエースがSNSで話題! 異色コラボ実現がスゴい!

トヨタを代表する高級セダン「クラウン」と商用バン「ハイエース」。異色の組み合わせで誕生した「クラエース」とはどのようなモデルなのでしょうか。

「クラエース」爆誕!誕生のきっかけと苦労とは

 トヨタ「クラウン」と「ハイエース」を融合させた「クラエース」がいまネットで話題となっています。
 
 製作は個人によっておこなわれていますが、一体どのような車両になっているのでしょうか。

世界に1台の「クラウン」と「ハイエース」を組み合わせた「クラエース」はカスタムイベントにも展示された(画像:岸田勝也(K-magic))
世界に1台の「クラウン」と「ハイエース」を組み合わせた「クラエース」はカスタムイベントにも展示された(画像:岸田勝也(K-magic))

 クラウンは1955年に誕生したトヨタを代表する高級セダンです。現在では15代目となる現行型が販売されており、超ロングセラーモデルとなっています。

 幅広い世代から人気を集めるクラウンは、多くの人から「いつかはクラウン」というように憧れの存在として、いまなお一定の人気をキープしています。

 一方で、トヨタの商用バンの代表的なモデルといえば1967年に誕生したハイエースが挙げられます。

 こちらもクラウン同様に長い歴史をもつ1台で、現在国内では5代目モデルが販売されています。

 商用車の代表格ともいえるハイエースは、積載力の高い大型のワンボックスカーとして、多くの現場で活用されています。

 そんな国産車のなかでも歴史が長く人気も根強い2台ですが、現在ネット上では両車を融合させた「クラエース」が話題です。

 クラエースは、現行ハイエースに現行クラウン(RSグレード)のフロントバンパーを移植した、世界で1台のオリジナルモデル。

 かっこよさのなかに高級感も感じられるクラエースは、ボディ全体をメタリックなブラウンにカラーリングされています。

 クラエースを製作したのは岸田勝也さん(@k_magic209)で、2020年頃にクラウン(RSグレード)のバンパーが気になり、画像加工でハイエースに装着してみたのがはじまりだといいます。

 当初、加工した画像を見た時の心境について、岸田さんは「カッコ良く、 絶対(ハイエースにクラウンのバンパーを)入れようと決心しました」と話します。

 そこから、約1年を経て有言実行されたクラエースですが、製作工程には大変なことも多々あったようです。とくに苦労した点について、岸田さんは以下のように話します。

「製作にあたり悩んだのは、クラウンのバンパーがハイエースの純正バンパー幅よりも左右4cm、全体で8cmほど広かったことです。

 ハイエースの純正バンパー内に幅を縮められる箇所がなく、両端を切断して形を合わせながら作業したので苦労しました。

 また、サイドステップパネルもクラウンバンパーにはもともと存在していない箇所があったため、ワンオフで製作しました。前バンパーとのライン取りや成形がとくに大変でした」

 このようにクラエースの製作では、クラウンバンパーのカットに加え、ポリプロピレンといった素材やパテを使用した成形作業おこなわれており、細やかな修正なども含めかなりの時間が要されているようです。

 そんな苦労も重ねたクラエースのこだわりについて、岸田さんは次のように説明します。

「こだわりは、全体的に違和感がなく、純正でもありそうな見た目に仕上げたことです。

 また、フロントキャンバーを引き立たせるために、バンパー上部から下部にかけて内巻きのデザインにし、前からタイヤ下部がワイルドに見えるようにしました」

 岸田さんのクラエースは、2021年10月に愛知県でおこなわれたカスタムカーのイベント「スタンスネーション」への展示車両にもなっており、タイヤに角度(キャンバー)をつけ、あえてローダウンしたデザインにされています。

 そんなスタンスネーション出展時のSNS投稿には、現在およそ1万件もの「いいね!」がつけられています。

 岸田さんによると、「実際にありそうなハイエース」「まさにクラエース!」「発売してたら買いたい」といった感想を耳にすることがあるようです。

 さらに、実際に走行している際などの実体験について「街中を走行していると、対向車の7割ほどにはじっくりと見られます。なかには信号待ちで動画撮られたこともあります」といいます。

 このように、大反響を呼んでいるクラエースですが、岸田さんは今後の展望について、「21歳からクルマに乗りはじめ、自分流にカスタムしてきたので、これからも自分の好きを形にして、いろいろな車両を製作していきたいです」と話しています。

※ ※ ※

 岸田さんは「K-magic」として個人ビルダーとして活動しており、クルマの写真撮影などもおこなっています。

 そうしたさまざまなクルマと触れ合う機会が、今回のクラエースのようなユニークな発想に繋がっているのかもしれません。

 いかつさと高級感を兼ね備えたクラエース。世界に1台の車両なので、見かけた人はラッキーといえるでしょう。

トヨタ クラウン
トヨタ クラウン
  • 新車販売価格:489.9~739.3万円
ボディタイプ
セダン
販売年月
2020年11月~生産中
トヨタ ハイエース
トヨタ ハイエース
  • 新車販売価格:236.3~368.5万円
ボディタイプ
ミニバン
販売年月
2017年12月~生産中

【画像】これはスゴい! クラウン顔の「ハイエース」爆誕! クオリティ高いそのカスタムを見る!(17枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント

39件のコメント

  1. まとまりなさ過ぎて最高にきめえぇwww

    • 近くにこういうカスタムしてる店があるから一定の需要はあるんだろうなぁ
      ただ車検も通らないし走行性能は皆無で見た目に全振りしてるつもりだろうけど、受け狙いとか目立ちたいだけにしか見えない
      違法改造で公道走れない車記事にしてどうすんだ

  2. ださぁ

  3. 田舎クセぇ
    しかもこんなハミだしタイヤの車を記事にして載せるなんて。
    センスの欠片も無い。。。

  4. ちょび髭みたいでダサ過ぎ
    後付け感満載w

    • なんか違うなぁって思ったら、まずグリルが下過ぎるんだな。
      クラウンのダイナミックなグリルが、ハイエースに付けた時点で中途半端になって、ダサくなってるんだね。

      フロントマスク(ヘッドライト、ボンネット含め)全体で、デザインを見直さないと意味ないんだなぁ。

      結局はアスクァイア

  5. 今時、こういう車の写真を記事にするって、まあ、このサイトとライターのレベルが良く分かる

    • ここのサイトのライターは民度低いからね、
      特にこのライターは最低な記事ばかり量産する。

  6. ダサカスタムの集大成だな
    なんで、
    クラウンとハイエースの中古は、
    こう言ったダサいカスタムカーに仕上げたがるのが多いのかな?
    一部には絶大な人気あるのだろうが、
    こう言った自己満カスタムが横行するから
    普通の若者たちからクラウン&ハイエースは嫌われガラパゴス化してるんだ。

  7. 車検も通らないような違法改造のはみ出したタイヤの車をこのような公の記事にするのはどうなんでしょうか?
    やはりまとまり感は無いですよね?それを狙っているんでしょうけど。

  8. 運転者が前で荷物が後ろ、つまり荷物よりも労働者(運転者)が軽視される構造なのがこの手の車です
    頭の良い者や資本を持つ者が運転することはない車。こんな車に憧れる者の気が知れない。

    • 頭悪そう(笑)

    • そういうことではないけどな

  9. よく作りました。文句しか言えない日本人の圧倒的コメントが残念です。
    自分で作れないクセに。

    • レミックスというのは、そもそも相当センスが問われる。
      簡単にはできないが、取ってつけたようなものは、頑張れば作れそうだな。

      ひとまず、キャンバー角は普通であってほしい。蛇足がより際立ってしまう。

    • センスの問題だろう。まぁ確かに手前等でやりもしないのにとは良く言ったもんだが、それにしても全く造形美というものが感じられないのは否めないのでは?笑
      貴方が言いたい事は、例えば言ってみれば黒焦げになった料理出されてそれでも「よく作りました」って言えって言ってるようなものなのでは?

      そもそも鬼キャンきもすぎ。車として普通に路面を走る事ができないようなカスタムをする事自体がキチガイ。

    • 作れる腕があっても「まともな社会人」なら、こんな方向性は選択しないよ

  10. 鼻の下が伸ばしてカッコ悪い。

    なぜグリルがヘッドランプより下なのだ?

  11. なぜグリルがヘッドランプより下なのだ?
    鼻のシタがのびのびー。

  12. なぜグリルがライトよりしたなん?
    ハナのシタがのびのびー。

  13. 整形手術がキレイに失敗した印象。
    チョコレートがとけだしたかのように、垂れたデザインで…
    グリルがライトより下なのね。
    なかなか…

  14. バク胆?

  15. ひとまずハイエースなのにクラウンのエンブレムは恥ずかし。

    王冠の中が
    vvvvv
    HI
    ACE
    ====
    みたいになってれば、まだいいかな。

  16. ダサすぎる
    もっと全体的にクラウンのグリルがあるならまだしも
    このハミタイもだせえ

  17. これを見て、トイストーリーに出てくるおもちゃを分解して遊ぶ男の子が、ふと浮びました。

  18. フロントフェイスがプードルっぽく見える!

  19. 結局は
    頭変えてもも尻変えられずで
    後ろはまんまハイエースやんけ
    クラウンのバンパーグリルをつなぎ合わせる発想と努力は認めるが、
    センスの悪さで台無しだよなぁ
    タイヤは元よりバンパー出っ張った分も改造申請しないと車検通らないから
    道路で見かけるようなアンラッキーもあるまい。

  20. これを見るとセルティマって良く纏ってたなーと思う

    • あれはバランス絶妙なでしたね!

  21. コメント見てみたら、アンチであふれてて笑った。

    こんなアンチコメントしかないのか。

    もっとマシなコメント出来るやつはいないの?

    俺はこういう意味不明なぶっ飛んだ車両好き。
    絶対有り得へんやろ~って思うけど作ってしまう製作者さんにもっと話聞いてみたいわぁ。

    • こういうのを肯定するセンスのあなた達と、嫌悪する大半の人たちとの間に妥協の接点はまったくないから仕方ないね。

  22. くそだせぇ

  23. 顔は勝手に変えればいいけど、こんなホイールで公道を走って喜んでるようなヤツとは、同じ場所の空気を吸うのも嫌だ。

  24. ここまでキメえデザインを立体化できるのはもはや才能w

  25. ん~残念!バランスがおかしい。
    努力と労力は評価するが、グリル下過ぎ‼️
    昔、レジェッセイとかセルティマ流行りましたよね。2台とも綺麗にまとまってました、この2台をお手本にやり直し!

  26. 輩専用車。
    これは、ヤングオート紙が似合う鉄屑だね。

  27. クラウンのバンパーを無理矢理付けた様に見えるので、不自然です。以前あったセルティマの様にやるのであればヘッドライトもクラウン様にして加工した方が良かったと思います。

  28. フィアット・ムルティプラみたい

  29. グリルの顔っぽさと鬼キャンタイヤも相まって、PUI PUIモルカーに似てて可愛い