「つぶらな瞳」だけど走りは辛口!? かわいい系高性能車3選

スポーツカーに代表される高性能車は見た目にも速そうなスタイリングで、フロントフェイスも相手を威嚇するような「強面」なクルマが多い印象です。しかし、ハイスペックでもかわいいデザインのモデルも存在。そこで、フロントフェイスやスタイリングがキュートな高性能車を、3車種ピックアップして紹介します。

優れた走行性能ながら「かわいい」クルマを振り返る

 スポーツカーやスーパーカーは速く走ることに特化した高性能車ですが、ハイスペックなだけでなく見た目にも速そうな外観デザインを採用し、フロントフェイスも相手を威嚇するような攻撃的な印象のモデルが多いです。

ハイスペックながらかわいい印象のギャップが面白いクルマたち
ハイスペックながらかわいい印象のギャップが面白いクルマたち

 高性能車は速さを誇示するために「カッコよさ」もデザインの要素として重要で、昭和の時代から現在まで不変といえるでしょう。

 また、「速い=カッコいい」という図式は誰もがわかりやすく、端的にクルマの性格を表すことができます。

 一方で、コンパクトカーや軽自動車をベースに開発された高性能車では、カッコよさよりも「かわいい」が勝っているモデルも存在。

 そこで、フロントフェイスやスタイリングがキュートな高性能車を、3車種ピックアップして紹介します。

●ホンダ「シティ ターボII」

ハイパワーなFF車というキュートなじゃじゃ馬だった「シティ ターボII」

 ホンダは1981年に、それまでの常識を覆すほど全高が高いフォルムのコンパクトカー、初代「シティ」を発売しました。

 そして、1982年にはメーカー間のパワー競争に参戦するかたちで、最高出力100馬力(グロス)を発揮する1.2リッター直列4気筒SOHCターボエンジンを搭載した「シティ ターボ」が登場。

 さらに1983年には、シティ ターボのエンジンにインタークーラーを追加して過給圧アップを図り、1.2リッターから最高出力110馬力(グロス)を絞り出した「シティ ターボII」が発売されました。

 外観もハイパワーなエンジンにふさわしく、大型のパワーバルジ付きボンネットや、トレッドを拡大してブリスターフェンダーとするなど、迫力あるフォルムを演出。

 一方で全体のシルエットやフロントフェイスやスタンダードモデルのシティと同様で、ファニーな印象です。

 かわいいデザインのシティ ターボIIですが、エンジン回転が4000rpm以下でスロットルを全開にした場合、過給圧を10秒間約10%アップする「スクランブル・ブースト」を採用しており、雨天時や滑りやすい路面でのアクセルワークは慎重におこなう必要があるほど、じゃじゃ馬なモデルでした。

ホンダ・シティ の中古車をさがす

●スズキ「アルトラパン SS」

ファニーなフロントフェイスと性能のギャップはユニークな「アルトラパン SS」

 2002年にデビューしたスズキ初代「アルトラパン」は、「アルト」をベースに開発された全高の低いワゴンスタイルの派生モデルで、スクエアな直線基調のフォルムとクラシカルな一面を融合したデザインが斬新でした。

 アルトラパンは女性ユーザーをメインターゲットとしており、静粛性や乗り心地、使い勝手の良さが高く評価されたことから、実際に女性ユーザーから人気を集めました。

 ところが2003年には、男性ユーザーをターゲットとしたスポーツグレード「アルトラパン SS」が登場しました。外観は専用デザインのフロントグリルに丸型のヘッドライト、同じく丸型フォグランプをビルトインしたバンパーを採用し、クラシカルでキュートなスポーティモデルを演出。

 エンジンは最高出力64馬力を発揮する直列3気筒ターボを搭載し、トランスミッションは4速ATに加え5速MTが設定されました。

 また、全高を10mmローダウンした強化サスペンションの採用や、165/55R14サイズのハイグリップタイヤと専用アルミホイールを装備しており、コーナリング性能の向上も図られました。

 アルトラパン SSはユニークな高性能モデルとして一定の人気を獲得しましたが、2008年に2代目の登場で廃止となり、以降は現行モデルまで同様のモデルはラインナップされていません。

スズキ・アルトラパン の中古車をさがす

●フォルクスワーゲン「ルポ GTI」

コンパクトでカタマリ感のあるボディがキュートな高性能車「ルポ GTI」

 フォルクスワーゲンの現行ラインナップで、もっともコンパクトなモデルは「up!」です。このup!の前身だったのが3ドアハッチバックの「ルポ」で、2001年に日本でも発売されました。

 日本仕様では当初、1.4リッター直列4気筒ガソリンエンジン搭載車のみで、基本性能の高さと149万9000円から(消費税含まず)という戦略的な価格からヒットしました。

 そして2003年には、フォルクスワーゲンの高性能モデルである「GTI」の名を冠した「ルポ GTI」が登場。

 ルポ GTIは全長3525mm×全幅1640mm×全高1465mmと、軽自動車よりひとまわり大きいくらいのサイズのボディに、最高出力125馬力を発揮する1.6リッター直列4気筒エンジンを搭載し、トランスミッションは6速MTが組み合わされました。

 足まわりでは205/45R15のワイドタイヤに専用のショックアブソーバーと強化スプリングが採用され、ブレーキも4輪ディスクが装着されるなど、GTIの名にふさわしいチューニングが施されていました。

 外観はGTI専用デザインの前後バンパーを装着し、さらにセンター2本出しのマフラーによってスポーティなリアビューを演出。

 ルポ GTIは車重1010kgと軽量で、高剛性のボディと2320mmというショートホイールベースが相まって、クイックなハンドリングと高い運動性能を誇りました。

 それでいてカタマリ感のあるボディはかわいい印象で、走りの良さとの対比がユニークでした。

※ ※ ※

 今回紹介した3車種とも丸目のヘッドライトを採用しており、かわいいフロントフェイスの要になっています。

 現行モデルでもスズキ「ラパン」や「ジムニー」、ホンダ「ホンダe」、ダイハツ「ミラ トコット」などが丸目のヘッドライトを搭載しており、どれもほっこりした顔です。

 最近のクルマではシャープにつり上がったヘッドライトが主流ですが、あえて丸目を採用したモデルを見ると、かえって斬新に見えるのではないでしょうか。

フォルクスワーゲン・ルポ の中古車をさがす

【画像】ハイスペックでもかわいくてギャップ萌え! キュートな高性能車を見る(21枚)

クルマはネットで買う時代!? トヨタのオンラインストアとは【PR】

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント