スズキ「ジムニートラック」がスゴい! 違和感ゼロな荷台採用で軽トラ代わり! 世界でトラック化されるワケ

ジムニートラックは世界で多様な進化を遂げている?

 農業が盛んな地域では、ほかにもピックアップ化したジムニーが販売されています。

 ニュージーランドのスズキディーラーを展開している、カウパートラックが造った現行ジムニーシエラ(JB74)ベースのピックアップトラックは完成度が高い1台です。

 シエラの後部をきれいにカットし、シングルキャブ状態に変更。レインガーターまできれいに処理されています。

 ホイールベースは8インチ延長されており、これによって実用的な荷台を載せることが可能です。

日本でトラック化されるジムニーピックアップ「ジムトラ23」は白の4ナンバー
日本でトラック化されるジムニーピックアップ「ジムトラ23」は白の4ナンバー

 ちなみに、ジムニーのピックアップ化は日本でもおこなわれています。熊本にあるネオスチールや、浜松のコーヘイファクトリーは、3代目(JB23)ベースの“軽トラ”を造っています。

 ネオスチールのジムニーピックアップは、典型的な農業仕様。地元の農家の方から“カッコいいクルマで農業をしたい”という要望から生まれた1台です。

 一方、コーヘイファクトリーのジムニートラックは、かつての名車スズキ「マーティボーイ」を彷彿させるデザイン。実用車というよりは、ファッションで乗りたい1台に仕上がっています。

 オートサロンに出展されたジムニーピックアップが“夢物語”だったとしても、世界のユーザーからニーズは確実にあります。

 5ドアやソフトトップの計画もあるという現行型ジムニーですが、もしピックアップが登場したら、日本でもある程度の需要は見込めそうです。むしろ現状の積載力を考えれば、アウトドア派にはピックアップトラックのほうが喜ばれるかもしれません。

スズキ・ジムニー のカタログ情報を見る

スズキ・ジムニーシエラ のカタログ情報を見る

【画像】ジムニートラックがスゴい! 軽トラより映える! 最強ジムニーの実車を見る!(20枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー