レクサス新型SUV「RZ」世界初公開! 章男社長も走りを絶賛したレクサス流電動SUVを2022年前半発表へ

2021年12月14日、トヨタは事前にティザーを展開していた新型の電動SUV、レクサス「RZ(アールズィー)」のプロトタイプを世界初公開しました。バッテリーEVながらレクサスのモデルらしく走りにこだわったといいます。

EVを中心にしたブランドに転身するレクサスが放つ最新の電動SUVとは

 トヨタは2021年12月14日に、東京・お台場にあるMEGA WEBにて、将来的に展開されるバッテリーEV群の発表をおこないました。そのなかの1台が、レクサス「RZ(アールズィー)」です。新型RZとはどんなEVなのでしょうか。

EVにおいても優れたドライビングプレジャーを実現したというレクサス新型「RZ」
EVにおいても優れたドライビングプレジャーを実現したというレクサス新型「RZ」

 今回、発表された電動SUVの新型RZ(プロトタイプ)は、2021年12月2日からアメリカでティザー画像が公開されていましたが、今回、車体の全容が明らかになり、2022年前半には正式に発表される予定です。

 スタイリングは先般発表されたトヨタ「bZ4X」や、コンセプトモデルのレクサス「LF-Z エレクトリファイド」に近いクーペSUVのフォルムで、レクサスのデザインアイデンティティであるスピンドルグリルの形状をモチーフにしながら、EVならではといえるグリルレスのフロントフェイスが特徴的です。

 また、シャープに切れ上がった形状のヘッドライトには、他のレクサス車に共通するデザインのデイタイムライトをあしらい、スポーティな印象を強調しています。

 リアまわりでは新型「NX」にも採用されている横一文字のリアコンビネーションランプに、次世代レクサスを表す「LEXUS」エンブレムが装着され、今後のレクサスブランドのSUVに共通する、デザインの方向性を示唆しているようです。

 新型RZについてレクサスインターナショナルの佐藤恒治(さとう こうじ)プレジデントは、次のようにコメントしました。

「電動化技術によりクルマの可能性を最大限引き出すこと、それがレクサスにとっての電動化です。

 モーターが生み出すリニアな加速感、ブレーキのフィーリング、そして、気持ちの良いハンドリング性能を組み合わせることで、運転そのものの楽しさを追求し、レクサスらしい電動車をお届けしてまいります。

 なかでもバッテリーEVは電動化がもたらすクルマの進化、その特徴がもっともわかりやすく表現されたモデルとして、今後のレクサスの象徴となっていくと考えています。

 その最新モデルがレクサス RZです。バッテリーEVであっても、クルマを鍛え、走りの味を追求していく、レクサスの姿勢は変わりません」

 また、今回の発表会では豊田章男社長が新型RZをテストコースでドライブする映像も流れ、その走りを絶賛。EVでも走る楽しさが重要であることを強調していました。

※ ※ ※

 レクサスは今後、EVを中心としたブランドへと変化していくことも明らかになりました。

 プレミアムカーとEVの親和性は高く、メルセデス・ベンツなどもEVに特化すると宣言していますので、この流れはさらに加速すると見られています。

【画像】レクサス新型「RZ」が超絶カッコイイ! レクサスならではのスポーツEVを見る(16枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. Cピラーの感じが現行のRXっぽさがあるね
    新型RXのデザインなのかな