ジープSUV「グランドチェロキー」10年ぶり全面刷新! ゴツ顔5m超ボディに3列シート搭載で788万円から

ジープが10年ぶりのフルモデルチェンジとなる新型SUV「グランドチェロキーL」を発表しました。初めて3列シートを採用したといいますが、どのようなモデルなのでしょうか。

2列目・3列目も快適性を追求

 FCAジャパンは2021年12月13日、ジープブランドの4WD新型SUV「グランドチェロキーL」を発表しました。

 全世界でこれまで700万台の販売実績を誇るジープのフラッグシップSUV「グランドチェロキー」が、10年ぶりにフルモデルチェンジ。

 今回、4代目として誕生した「グランドチェロキーL」は、同モデルで初めて3列シートを備えたモデルとして登場します。

ジープの新型SUV「グランドチェロキーL」
ジープの新型SUV「グランドチェロキーL」

 ジープのエクステリアデザインディレクターのマーク・アレン氏は、オンライン発表会で「3列は単に押し込んだだけにはしたくありませんでした。快適な3列目でなくてはならないと考えたからです」と座席の配置デザインについて振り返ります。

 新型グランドチェロキー開発主査のマリオ・ホームズ氏は「2列目以降の快適性に徹底的にこだわり乗車体験をクラス再考にした」と自信を見せます。

 日本国内で展開するグレードは、7人乗りの「リミテッド」と、6人乗りの「サミットリザーブ」の2種類です。

 外観はいずれも、1963年に誕生したラグジュアリーSUVの草分け「ワゴニア」にインスピレーションを得ています。

 具体的には、グランドチェロキーLはワゴニアから、ロングノーズ・プロポーションや広いキャビン、特徴的な逆スラントノーズを継承しています。

 フロントエアインテークは、パワートレインの冷却状況に応じて開口部のフラップを自動制御するアクティブグリルシャッターを新たに採用し、実用燃費の向上を図っています。

 車内のインストルメントパネルは、水平基調で横方向の広がりが強調されるとともに、上質なマテリアルを重ね合わせたレイヤー状レイアウトにより上質感を演出。

 中心部には10.1インチのデジタルタッチスクリーンが配置されます。

 インフォテインメントシステムは、第5世代のUconnectオーディオシステムを採用。全車アイシン製ナビゲーションシステムを搭載し、Apple CarPlayやAndroid Autoに対応します。

 コントローラーは、ジープ初となるロータリーシフトを採用。

 またその両脇には、路面状況に合わせて車両設定を切り替えられるセレクテレインや車高調整機能など走行性能に関わる機能が集約されています。

 このほか快適装備として、パワーリフトゲート、115V電源コンセントなどを標準装備。

 サミットリザーブはさらに、フロントマッサージ機能、高級音響機器McIntoshのサウンドシステム、ワイヤレス充電器なども備わっています。

 運転支援機能は、サラウンドビューカメラ、ヘッドアップディスプレイを採用。サミットリザーブはさらに、車内含め後方を確保できるリアビュールームミラー、車線維持走行を支援するアクティブドライビングアシストなどを搭載しています。

 パワートレインは、両グレードとも3.6リッターV型6気筒エンジンに、8速ATを組み合わせています。

 ボディサイズは全長5200mm、全幅1980mm、全高1815-1795mm。

 ボディカラーは「ダイアモンドブラッククリスタルP/C」「ヴェルヴェットレッドP/C」「バルティックグレーメタリックC/C」「ブライトホワイトC/C」の4色を設定。

 サミットリザーブはバルティックグレーメタリックC/Cを選ぶと、ルーフがブラック仕上げとなります。

 価格(消費税込)は、リミテッドが788万円、サミットリザーブが999万円となり、2022年2月19日に発売される予定です。

ジープ・グランドチェロキー のカタログ情報を見る

【画像】ゴツ顔&流麗ボディ「グランドチェロキーL」の外観・豪華車内を見る(49枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー