「お湯はNG」 クルマの窓ガラスが凍ったらどうするべき? 事前事後の異なる対処方法とは

冬場の気温が低い状態などでクルマを運転しようとすると、窓ガラスが凍っていることがあります。そうした場合にはどのような対処方法が適切なのでしょうか。

凍結のガラスにお湯は危険! ガラスメーカーが話す危険な理由とは

 冬はフロントガラスが凍結し、すぐに出発できないということもあります。凍結を解消するために、ガラスにお湯をかけても良いのでしょうか。

秋から冬に掛けて早朝は氷点下まで気温が下がることがあります、窓ガラスが凍結したらどうすれば良いのでしょうか?
秋から冬に掛けて早朝は氷点下まで気温が下がることがあります、窓ガラスが凍結したらどうすれば良いのでしょうか?

 北海道や東北など雪の降る地域では、クルマで出かける際、ボディの雪下ろしが必須で、エンジンをかけてすぐに出発というわけにはいきません。

 そのためクルマを利用する際は、少し早く外に出て雪下ろしをしたり、クルマ周辺の雪かきをしたりと、出発の準備をしているという人がほとんどでしょう。

 また、離れた距離からでもクルマのエンジンがかけられるスターター機能を利用して、家を出る前にエンジンをかけておくという人も少なくありません。

 このように暖機で時間を節約し、雪下ろしや雪かきも家族と手分けしておこなうなどの方法がありますが、その一方で、なかなか時間がかかってしまうのが、フロントガラスの「凍結」の解消です。

 気温が低下するとクルマのフロントガラスは凍結し、前方が真っ白に。エンジンをかけてクルマを温めておいても、解消されるまでかなりの時間を要します。

 単純に「気温が低くて凍結している」と考えると、お湯をかけてフロントガラスを温めたら良いのではないかと思う人もいるかもしれません。

 凍結したフロントガラスにお湯をかけて解氷するのは、適切な方法といえるのでしょうか。

 自動車のガラス製造も請け負うガラスメーカーAGCの担当者は、このことについて以下のように話します。

「冷えたガラスにお湯をかけてしまうと、温度差が激しく、細かい傷や亀裂の部分から割れが広がってしまう可能性があります。

 とくに、クルマのフロントガラスは飛び石などによって、目視できないような小さな傷が付いていることもあるため注意が必要です」

 これは、クルマのフロントガラスだけでなく、一般的なあらゆるガラスに該当することです。ガラスは急激な温度変化に強い素材ではありません。

 例えば、冷蔵庫などでキンキンに冷やしたコップに熱々のお湯を注ぐと、フロントガラス同様に割れてしまう可能性があります。

 これには、体積の問題が関係しています。もちろん目視はできませんが、ガラスは冷やされると体積が小さくなり、温められると大きくなります。

 じわじわと温度を変化させるぶんには問題ありませんが、一部に急激な温度変化が起こると周りの体積と温度変化が起こった部分の体積に大きなギャップが生まれ、ガラスを構成する組織がその差に耐えられなくなり破損してしまいます。

 そのため、フロントガラスにお湯をかけると、お湯がかかった部分とかかっていない部分で瞬時に体積の差が生じ、割れが広がってしまうかもしれないというわけです。

【画像】窓ガラスが凍った! これを見て解決! 氷解する方法は?(10枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー