道路工事「年度末に多い」はホント? 実は11月が多い? 削減努力進む 昨今の工事事情とは

巷では、「年度末になると道路工事が多くなる」というイメージが存在します。では、ホントに道路工事は年度末に集中しているのでしょうか。

実はかなり少ない年度末の道路工事 その理由とは

 路面の舗装やインフラ整備のために必要不可欠ともいえる道路工事。

 SNSでは道路工事について「年度末に多い」というイメージを持つ人が多いようです。

 実際に年度末は道路工事が多くおこなわれているのでしょうか。

なぜ年度末に道路工事は多いというイメージは本当?
なぜ年度末に道路工事は多いというイメージは本当?

 道路工事は、路面の舗装をはじめ、水道・ガスなどのライフライン整備のためにも必要不可欠ともいえる重要な工事です。

 その一方で、道路工事がおこなわれると、車線が制限されたり、一時通行止めになったりと、道路の利用が制限されることもあります。

 そんな道路工事ですが、SNSでは「年度末なのに今年は道路工事見かけないな」「年度末にかけて道路工事って増えるよね」というように、「年度末に多い」というイメージを持つ人が多いようです。

 また、その理由については、「年度末に道路工事が多いのは予算消化のためって本当?」「道路工事は年度末で予算使い切らないと来年度分の予算が減るらしい」「工事計画自体が年度末に終わるように作成されているからでしょう」というようにさまざまな憶測が見られます。

 とくに、「予算消化」と「工事計画」が関係していると考えている人が多く見られますが、実際にそうした理由から道路工事は年度末の実施が多いのでしょうか。

 国土交通省の道路局担当者は次のように話しています。

「実際のところ、年度末に道路工事は決して多くありません。

 たしかに昔は道路工事が多くおこなわれていましたが、現在は削減に努めており、全体的にかなり少なくなっています」

 国土交通省が公表している「令和元年度 全国の直轄国道における月別の路上工事時間」では、もっとも工事が多い11月の23.5万時間に対して、年度末である3月は9.6万時間しか工事がおこなわれていません。

 これは、2019年の1年間を通してみても、1年で1番少ない工事時間となっており、「道路工事は年度末に多い」というユーザーのイメージを覆す結果といえるでしょう。

【画像】か、可愛すぎる! 皆を守る可愛いウサギを見る!(11枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

頭金0円で新車に!? トヨタのサブスクを徹底解説

最新記事

コメント