1番人気は約319万円仕様!? トヨタ新型SUV「カロクロ」に求められる年収条件は? 若年層でも手が届く方法とは

トヨタ「カローラクロス」はカローラシリーズ初のSUVとして登場しました。果たして人気グレードを購入するにどれくらいの年収があれば理想的なのでしょうか。

トヨタの新星「カローラクロス」  購入時にかかる費用は?

 2021年9月14日に日本で発売されたトヨタ「カローラクロス」。セダンやクーペに加え、ワゴンなど、あらゆるモデルをラインナップしてきたカローラシリーズ初のSUVとして登場しました。
 
 そんなカローラクロスを購入するのにはどれほどの金額が掛かるのでしょうか。

トヨタ新型「カローラクロス」の人気グレードを買うにはいくらあればいい?
トヨタ新型「カローラクロス」の人気グレードを買うにはいくらあればいい?

 今回は、トヨタのホームページにおいて、1番人気とされている「HYBRID Z(E-Four)」グレード(319万9000円)をベースに初期費用を算出していきます。
 
 ボディカラーには1番人気の「アティチュードブラックマイカ」、インテリアカラーには「本革+ファブリック/ブラック」を選択します。どちらも追加料金はかかりません。

 続いて、販売店オプションとして、「フロアマット(デラックスタイプ)(2万900円)」と、「エントリーナビキット(7万400円)」「ETC2.0ユニット(ビルトイン) ボイスタイプ(3万800円)」を追加します。

 ここまでの車両本体価格319万9000円と、オプションの12万2100円を合計すると、金額は332万1100円です。

 12月の購入を想定すると、2021年5月1日から2023年4月30までに新車登録がおこなわれた排出ガスおよび燃費の基準値をクリアしているモデルは、自動車税環境性能割と車両重量税が100%軽減されます。

 そのため、税金としては自動車税種別割9000円と自賠責保険料2万7770円のふたつを加算。

 さらに、購入時の諸費用として6万2440円が必要です(保証がつくしプランやメンテナンスパックは未加入)。

 前述の価格332万1100円に税金・諸費用の9万6210円を合計すると、HYBRID Zグレード(E-Four)の購入には、最低でも341万7310円が必要ということになります。

【画像】これはカッコイイ! カロクロGRスポーツ! 速そうな仕様が凄そう!(32枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント