トヨタ「ランクル40」なぜ約1500万円で販売? 極上過ぎるコンディションがスゴい!

トヨタ「ランドクルーザー」といえば長い歴史があります。そのなかでも人気の高いランクル40系が1500万円で販売されているといいますが、どのようなワケがあるのでしょうか。

イマでも根強い人気を誇る「ランクル40」とは

 新型モデルの話題が絶えないトヨタ「ランドクルーザー」ですが、アメリカの販売店では、極上コンディションの40系が約1500万円というプレミア価格で販売されています。

これはすごい! 約1500万円で販売される極上のランクル40(Photo:James Edition)
これはすごい! 約1500万円で販売される極上のランクル40(Photo:James Edition)

 2021年8月に新型モデルが発売されて以降、グレードによっては2年を超えるという納期や、購入時に輸出防止などを目的とした「誓約書」の提出が求められるなど、異例づくめの事態となっているランドクルーザー。

 これほどまでに人気が出る背景には、過去70年以上にわたって築き上げてきた、ランドクルーザーの歴史があることはいうまでもないでしょう。

 初代ランドクルーザーが登場したのは1951年。現在までもっとも長く同じ名前を継続している車種のひとつであり、トヨタはもちろん日本を代表するクルマです。

 すべての世代のランドクルーザーに共通しているのは、「陸の巡洋艦」の名が表すとおりの、どんな道でも走り抜けてしまうほどの悪路走破性能と、世界トップクラスの信頼性です。

 現在では乗用車としてのニーズも想定されていることから、高級感や日常における機能性も重視されるようになっていますが、それでもランドクルーザーの本質は、「どこへでも行き、生きて帰ってこられるクルマ」というトヨタの言葉に集約されているといえるでしょう。

 そんなランドクルーザーの名を世界に広めたのは、1960年に発売された40系です。

 それまでのランドクルーザーがおもに軍用用途に特化していたのに対し、40系では乗用車としての機能性をとりいれたことで、北米市場などで爆発的にヒットすることになります。

 1974年にはディーゼルエンジン仕様が追加されるなど、24年にもおよぶ販売期間のなかで、さまざまなバリエーションがあるのも40系の魅力です。

 さらに、2006年に北米で発売される「FJクルーザー」にもそのスタイリングがオマージュされており、そのアイコニックなデザインも特徴のひとつとなっています。

【画像】これは凄すぎる! 極上ランクル40の内外装を全部見る!(21枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント