価格は4000万円超え! 淡い青が美しい新型「ブラック・バッジ・ゴースト」の受注開始へ

ロールス・ロイスは、日本国内で新モデル「ブラック・バッジ・ゴースト」を発表し、合わせて国内受注を開始しました。どういった特徴のクルマなのでしょうか。

ロールス・ロイスのブラック・バッジシリーズに新モデル登場!

 2021年11月17日にロールス・ロイスは、同年10月下旬に世界初公開された「ブラック・バッジ・ゴースト」を日本国内で発表するとともに、国内受注を開始しました。

 ターコイズカラーが印象的なロールス・ロイス新型「ブラック・バッジ・ゴースト」
ターコイズカラーが印象的なロールス・ロイス新型「ブラック・バッジ・ゴースト」

 ロールス・ロイスは、2016年に常設型ビスポーク・モデルとして「ブラック・バッジ」のモデル・ファミリーを導入。

「レイス」と「ゴースト」から始まり、2017年には「ドーン」、2019年には「カリナン」を発表しました。

 今回発表されたブラック・バッジ・ゴーストは、「ポスト・オピュレンス(脱贅沢)」をダークに表現するモデルとして、「俊敏で控えめ、接続性が高く余分なデザインのないロールス・ロイス」を求めているというユーザーの要望に応えて開発されたクルマとなっています。

 エクステリアは、4万4000色のカラーやパターンから自由に色を選ぶことができ、自分だけのオリジナルカラーを選ぶことが可能。

 またブラック・バッジシリーズは、スピリット・オブ・エクスタシーやパンテオングリルなど、ロールス・ロイスのシンボルのパーツもブラックに仕上げてられている部分が特徴的です。

 仕上げには、ビスポーク21インチ・コンポジット・ホイールが装着されており、22層のカーボン・ファイバーを3方向に交差されて配置したものが使用され、リムの外周で折り返すことにより合計44層のカーボン・ファイバーとなって強度を高めています。

 インテリアは、カーボン・ファイバーとメタリック・ファイバーを使った深みのあるダイヤモンド・パターンの複雑かつ繊細な生地である「ブラック・アンド・ネオン」がテーマとなっており、イタリア語でトルコ石を意味するトゥルケーゼのレザーをメインに、ブラックとの強いコントラストを与えます。

 フレーム構造には、「アーキテクチャー・オブ・ラグジュアリー」とも呼ばれているオールアルミ製スペースフレーム構造が用いられており、この下部構造は極めて高いボディ剛性を実現しているだけでなく、四輪駆動システムや「プラナー・サスペンションシステム」の搭載を可能としています。

 これにより、容量の大きなエア・サスペンションが組み合わさることで、激しいコーナリングの際にもボディのロールを抑えることに成功しました。

 パワーユニットには、ツイン・ターボ付き6.75リッターV型12気筒エンジンを搭載。最高出力は600PSを発揮し、加えてトルクも900Nmと途切れることのない走行感覚を実現しています。

 今回の新モデルについて、2021年8月にアジア太平洋の新リージョナル・ディレクターに就任した、アイリーン・ニッケイン氏は次のように説明します。

 「ダークな美しさや個性さが特徴のブラック・バッジは、日本でとくに人気を博してきました。

 新型ブラック・バッジ・ゴーストは、ポスト・オピュレンス(脱贅沢)の極限状態のミニマリズムを表現する最高にピュアなブラック・バッジ・モデルとなり、日本の大都市圏の夜を走るナイトドライブに映えること間違いないでしょう」

※ ※ ※

 価格(消費税込)は4349万円からとなっており、ビスポーク・オーディオやリヤ・エンターテイメント・システムなどの特別ローンチ・パッケージ付きモデルは4851万6000円からとなっています。

 2021年11月17日から受注を開始し、納車は2022年の第1四半期から始まる予定です。

ロールス・ロイス・ゴースト のカタログ情報を見る

【画像】ターコイズカラーが印象的! ロールス・ロイス新型「ブラック・バッジ・ゴースト」のカッコいい内外装とは!?(34枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント