世界初公開のマツダ新型「CX-50」はSUV感強調のタフ顔で登場!? ターボ設定で2022年に北米向け生産開始へ

マツダが2021年11月15日に世界初公開した新型SUV「CX-50」は、力強さと品の良さを併せ持ったデザインにも注目が集まっています。どんなSUVとして北米向けに投入されるのでしょうか。

SUVらしさを高めるルーフレールやフェンダーアーチモールも装備

 マツダの北米部門は、新型SUV「CX-50」を2021年11月15日に世界初公開しました。ひと目でマツダ車とわかるデザインでありながら、SUVらしさも表現された外観で登場した新型CX-50は、どんなSUVなのでしょうか。

世界初公開されたマツダ新型「CX-50」
世界初公開されたマツダ新型「CX-50」

 新型CX-50は、アラバマ州ハンツビルのトヨタとの新合弁工場「Mazda Toyota Manufacturing,U.S.A.,Inc.」で、2022年1月に生産が開始される初のマツダ車となります。

 北米のマツダ車ラインナップに追加される予定で、デザインコンセプトはマツダ車共通の「KODO – Soul of Motion」を引き続き採用。

 エレガントな上質感に加え、新型CX-50ではルーフレールやフェンダーアーチモールの採用をはじめ、SUVに求められる力強さとタフな機能性も表現しています。

 流麗なシルエットに加えワイドなスタンスとしたことにより、ダイナミックなプロポーションも実現されました。

 最低地上高はオフロードでも安心できる高さを確保したほか、ルーフへの積載性や使いやすいパッケージング、パノラマサンルーフの採用など、ユーザーがよりアウトドアアクティビティを楽しめる仕様としています。

 搭載されるエンジンは2.5リッターガソリン自然吸気と2.5リッターガソリンターボの2種類で、トランスミッションは6速ATが組み合わされます。

 また、数年内にハイブリッドモデルの追加も予定されています。

 日本での導入予定はない新型CX-50ですが、上品さと力強さを併せ持ったデザインに対して、日本のユーザーからも注目が集まっています。

 それではここでクイズです。

 前述したマツダのデザインコンセプト「KODO – Soul of Motion」の「KODO」に関して、正しい漢字表記は次のうちどれでしょうか。

【1】鼓動

【2】魂動

【3】跨道

【4】古道

※ ※ ※

 正解は【2】の「魂動」です。

「魂動 – Soul of Motion」は、市販車では2012年に発売された初代「CX-5」からマツダが展開するデザインコンセプトで、モデルチェンジを経るごとにより洗練されたデザインが表現されています。

※クイズの出典元:くるまマイスター検定

●くるまマイスター検定 公式ウェブサイト

【画像】マツダから本気のタフ顔SUVが登場!? 初公開の新型「CX-50」がカッコいい 実車を画像で見る(25枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント