超激レア! トヨタ「RAV4アドベンチャーHV」お披露目? 謎の右ハンドル仕様を日本で発見! 正体はいかに

トヨタのグローバルモデルで人気の高い「RAV4」ですが、そのなかでアウトドア仕様ともいえるのが「アドベンチャー」です。2021年9月14日に欧州ではハイブリッド車にアドベンチャーを設定したことを発表していますが、ほぼ同様の仕様が日本でお披露目されていました。

新型「RAV4 アドベンチャー(ハイブリッド車)」の特徴とは

 欧州向けにトヨタが2021年9月14日に発表したミドルサイズSUV「RAV4 アドベンチャー」。日本でも2019年の現行モデル導入時から設定されているアウトドア仕様ともいえるグレードです。

 しかし、日本ではガソリン車のみとなりますが、欧州ではハイブリッド車に設定されています。

 そんな日本未導入のモデルが愛知県で展示されていました。

これは新色? 愛知県でお披露目されたトヨタ「RAV4 アドベンチャー(ハイブリッド車)」のプロトタイプ
これは新色? 愛知県でお披露目されたトヨタ「RAV4 アドベンチャー(ハイブリッド車)」のプロトタイプ

 欧州で発表されたハイブリッド車のRAV4 アドベンチャー(以下、アドベンチャーHV)のエクステリアは、基本的には日本で以前から発売されているアドベンチャーと同様のデザインです。

 しかし、従来からの変更点として、新たにプロジェクタータイプのLEDヘッドランプやLEDフロントフォグランプを採用。

 足元では、マットグレー塗装の19インチアルミホイールがワイルドさを強調しています。

 さらに、リアにはアドベンチャーエンブレムに加えてトヨタのハイブリッド車を表すエンブレムを装着。

 内装は、日本で発売されている従来のアドベンチャーと同様にブラック×ホワイト×オレンジを組み合わせています。

 また、車内頭上にLED照明を新設、ドリンクホルダーの深さや爪追加(2つから3つ)など、細かな使い勝手の部分が変更されています。

 そうしたなかで、今回愛知県のさなげアドベンチャーフィールドには、前述の特徴を備えたアドベンチャーHVのプロトタイプが展示されていました。

 しかも展示されていたのは右ハンドル仕様かつメーター内の表示が日本語だったことから、欧州で発表されたものとは異なります。

※ ※ ※

 現行RAV4は、2019年4月の日本導入から3年以上経過していることもあり、そろそろ商品力を維持する意味でも目新しさが欲しいところです。

 そのため、近い将来にアドベンチャーHVが日本で導入される可能性もあるかもしれません。

トヨタ・RAV4 のカタログ情報を見る

【画像】新しい「RAV4」日本に来る!? 一足先に内外装を見る(23枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント