トライアンフ「タイガースポーツ660」発表 3気筒エンジン搭載のアドベンチャースポーツ登場

英国のバイクブランド「トライアンフ」は、新型のアドベンチャーモデル「Tiger Sport (タイガースポーツ)660」を発表しました。どのような特徴を備えているのでしょうか。

クラス最高峰の性能を発揮するミドルウエイト・アドベンチャー

 英国のバイクブランド「トライアンフ」は、新型のアドベンチャーモデル「Tiger Sport (タイガースポーツ)660」を発表しました。

【画像】トライアンフの新型アドベンチャー「タイガースポーツ660」の画像を見る(30枚)

トライアンフ「タイガースポーツ660」

 トライアンフのネイキッドモデル「トライデント660」と同じく、最高出力81PS (60 kW)/10250rpm、最大トルク64Nm/6250rpmを発揮する排気量660ccの3気筒エンジンを搭載するタイガースポーツ660は、クラス最高峰のスペックを備えたミドルウエイト・アドベンチャーモデルです。

 トライアンフのトレードマークであるダイナミックで俊敏、かつ快適なハンドリングを実現するために設計されたタイガースポーツ660では、フロントに41mmのShowa製カートリッジ式倒立フォーク(トラベル量:150mm)、リアにデュアルレートスプリングを採用したモノショックを採用。

トライアンフ「タイガースポーツ660」

 軽量な17インチ鋳造アルミニウムホイールやニッシン製2ピストン・スライディング キャリパーなどを備えることで、俊敏性を高めています。

 そのほか、2つのハイスペックなライディングモードやトラクションコントロールなどの電子制御、軽くて簡単なクラッチ操作を実現するスリップ&アシストクラッチなどを標準装備したタイガースポーツ660の価格(消費税10%込)は112万5000円からとなっています。

提供:バイクのニュース

トライアンフ「スピードトリプル1200RR」発表 ネオレトロで高性能な新型カフェレーサー登場


なぜ中途半端な排気量? カワサキが「KLX230」の排気量を232ccにした理由とは? 250ccとは何が違う?


「こんなのセローじゃない!」 復活を遂げたヤマハ「セロー250」の敵は「セロー」だった


ホンダ「CRF300 RALLY」登場 大容量タンクを備えつつも4kgの軽量化を実現


普通二輪免許で乗れる「G310GS」は、不安を全く感じないBMWのアドベンチャーモデル!

【画像】トライアンフの新型アドベンチャー「タイガースポーツ660」の画像を見る(30枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント