シルエットを世界初公開のマツダ新型SUV「CX-60」はどんな姿で国内投入? ディーゼルSUVは存続なるか?

マツダの欧州法人がアンベールされる前の状態の画像で公開した新型「CX-60」。2022年に投入される新規車種となりますが、どんな位置づけのSUVなのでしょうか。

マツダは「CX-60」を日本にも導入予定

 マツダの欧州法人は、2021年10月7日にSNSを更新。アンベールされる前の状態の新型「CX-60」の画像を公開しました。

 同日、マツダは2022年以降のクロスオーバーSUV商品群の拡充計画を発表していましたが、新型CX-60はどのような位置づけのSUVなのでしょうか。

マツダの欧州法人がSNSで公開したアンベール前の新型「CX-60」(画像:マツダの欧州公式ツイッターより)
マツダの欧州法人がSNSで公開したアンベール前の新型「CX-60」(画像:マツダの欧州公式ツイッターより)

 今回の発表で明らかになったものだけで、マツダは2022年以降に「CX-50」、CX-60、「CX-70」、「CX-80」、「CX-90」という計5車種の新規SUVを市場にあわせて投入するといいます。

 マツダは各モデルのカテゴリについて、CX-50は既存の「マツダ3」や「CX-30」と同じ「スモール商品群」に、CX-60、CX-70、CX-80、CX-90は「ラージ商品群」に位置づけています。

 すべて新たな商品ラインナップとなるラージ商品群に搭載するパワーユニットの方向性について、マツダは「各国での電動化ロードマップに対応し、さまざまな電動化パワートレインの選択肢を提供していきます」と説明。

 電動化が進んだ欧州では、直列4気筒ガソリンをベースにしたプラグインハイブリッドや、直列6気筒化した次世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X」およびクリーンディーゼル「SKYACTIV-D」にモーターを付随させた48Vマイルドハイブリッドを展開予定としています。

 一方北米では、さらなるハイパワーが求められていることを理由にターボを搭載した直列6気筒ガソリンエンジンを設定するほか、環境対応としてプラグインハイブリッドもあわせて設定するということです。

 日本では、前述の直列6気筒化した「SKYACTIV-D」ベースの48Vマイルドハイブリッドやプラグインハイブリッドなどを展開するといいます。

 なお、マツダは新規SUVの投入と並行して「MX-30 EV」の拡販や、ロータリーエンジンを発電機として活用するマルチ電動化技術を搭載したモデルの導入(2022年前半より)、EV専用プラットフォームの商品群の導入(2025年頃より)も推進。

 既存モデルとなる「CX-5」も商品改良を通じて育てていく計画と説明します。

※ ※ ※

 計5車種の新規マツダSUVの存在が明らかになりましたが、どのモデルが日本市場に導入されるのでしょうか。

 まず、CX-50は米国アラバマ州にあるトヨタとの合弁工場で生産され、米国市場に投入。日本導入はアナウンスされていません。

 一方ラージ商品群は、全幅(非ワイドボディ/ワイドボディ)とシートの列数にあわせて各モデルがカテゴライズされているのが特徴。

 具体的には2列シートのCX-60、ワイドボディ・2列シートのCX-70、3列シートのCX-80、ワイドボディ・3列シートのCX-90と設定。

 道路や駐車場が比較的狭い欧州市場および日本市場には非ワイドボディのCX-60、CX-80が、より大きなサイズが求められる北米市場にはワイドボディのCX-70、CX-90が導入されます。

 そんななか、前述のとおり欧州でCX-60のアンベール前の画像が公開されましたが、マツダのオランダ法人はCX-60の概要について以下のように説明しています。

「当初はプラグインハイブリッドが設定されます。将来的に直列6気筒エンジン+48Vマイルドハイブリッドを含めエンジンレンジを拡大する予定です。CX-60はCX-5よりも大きく、大人5人が乗れるスペースを確保しています」

 現行CX-5はボディサイズが全長4545mm×全幅1840mm×全高1690mmで、プラグインハイブリッド仕様およびマイルドハイブリッド仕様の設定はありません。

 早くも画像が公開されたCX-60、そして3列シートを備えたCX-80がどんな新型SUVとして投入されるのか、いまから注目されます。

 それではここでクイズです。

 前述した、直列6気筒化されてラージ商品群に搭載される「SKYACTIV-X」は、次世代ガソリンエンジンと銘打たれ「マツダ3」から搭載が始まりました(2019年12月に搭載モデル販売開始)。

 その「SKYACTIV-X」の特徴として正しい説明文は、いったいどれでしょうか。

【1】ローターの回転運動を動力に換える

【2】ディーゼルのように圧縮着火させる

【3】低排気量ターボエンジンとなっている

【4】シリンダーヘッドカバー部分が赤く塗られている

※ ※ ※

 正解は【2】の「ディーゼルのように圧縮着火させる」です。

「SKYACTIV-X」は、ガソリンの圧縮着火による燃焼を実現した世界初のSPCCI燃焼を採用。

 これによりリーンバーン(希薄燃焼)を可能とし、少ない燃料で高効率な燃焼を実現。ガソリンエンジンとディーゼルエンジンの良い部分を両立させたエンジンとして、注目を集めました。

※クイズの出典元:くるまマイスター検定

●くるまマイスター検定 公式ウェブサイト

【画像】マツダ新型「CX-60」シルエットが見えた!? 公開された新型「CX-60」ティザー画像と日本未発表の新型「CX-5」(海外仕様)を見る(15枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 全長4700mm以上、全高1550mm以下、全幅1850mm以下の
    A4オールロードやゴルフオールトラック辺りを意識した
    マツダ6ワゴンがベースのクロスオーバーワゴン希望