地上最強のトヨタ新型「ランクル300」誕生!? ド迫力でゴツすぎ注意? 豪州らしいブルバー仕様がカッコいい

オーストラリア市場で販売されるトヨタ 新型「ランドクルーザー(300シリーズ)」には、外観を迫力満点にする「ブルバー」や「ナッジバー」などのアクセサリーが設定されます。どんな特徴があるのでしょうか。

材質や機能別に複数種類のブルバーを設定

 トヨタ新型「ランドクルーザー(300シリーズ)」は2021年6月10日の世界初公開後、日本を含むさまざまな国で発表・発売されています。

 そんななかトヨタのオーストラリア法人は、現地で販売される新型ランドクルーザー向けにさまざまな機能性パーツをアクセサリーとして設定しているというのですが、どんなパーツがあるのでしょうか。

トヨタ 新型「ランドクルーザー」(オーストラリアで設定されるアクセサリーを装着した仕様)
トヨタ 新型「ランドクルーザー」(オーストラリアで設定されるアクセサリーを装着した仕様)

 オーストラリア市場において、新型ランドクルーザーは2021年8月4日に現地仕様が発表され、同年10月5日に発売されました。

 現地では、ルーフラックや18インチアルミホイール、ドアバイザーなどが設定されるほか、オーストラリアならではといえるアクセサリーとして「ブルバー」が複数種類設定されます。

 ブルバーはクルマのフロント周辺をガードするように設計された、金属製のパイプや板を中心に構成されるバンパーのことを指し、大型の野生動物との衝突からクルマを守る機能があります。

「カンガルーバンパー」や「グリルガード」とも呼ばれ、かつて日本でRVブームといわれた時期には、クロカン車のカスタマイズでは定番のアイテムでした。

 野生のカンガルーも生息するオーストラリアでの販売にあわせて、トヨタの現地法人は新型ランドクルーザーのアクセサリーとして全5種類のブルバーを設定。

 スチール製およびアルミ製といった材質の違いやライトバーの有無、ウインチの対応など、見た目の好みや機能に応じて選ぶことができます。

 また同様の目的を持ちながら、ブルバーより見た目の迫力が控えめなパーツとして「ナッジバー」(ブッシュバー)も設定。ポリッシュド(ライトバー付き)とブラックの2種類があります。

 さらに、ボディの外板や底面を守るパーツとしてボンネットプロテクターやバッシュプレート、スキッドプレートを設定。

 本格的なオフロード走行時に向けたフロント・リアのリカバリーポイント(けん引フック)、最大3500キロのけん引に対応したトレーラーヒッチ(けん引バー)もラインナップされました。

 内装パーツでは、耐久性の高い鋼製のネットで荷物スペースと乗員スペースを完全に仕切るカーゴバリアなどが用意されます。

 なお、上記のパーツはすべてオーストラリアにおけるトヨタ純正のアクセサリーとしてラインナップされ、トヨタの厳しい品質基準・耐久性を満たしているということです。

トヨタ・ランドクルーザー のカタログ情報を見る

【画像】地上最強レベルの迫力顔4WDに進化!? トヨタ新型「ランクル300」ブルバー仕様を画像で見る(30枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント