周囲に大迷惑な「あおりハンドル」 なぜ膨らんで右左折? 迷惑行為の心理とは

右左折時に曲がる方向とは逆に膨らむ行為となる「あおりハンドル」をおこなう人がいます。なぜ膨らんで右左折するのでしょうか。

多発する「あおりハンドル」とは

 クルマで交差点を右左折する際、曲がる方向とは別の方向に膨らむ通称「あおりハンドル」をおこなう人を見かけることがあります。

 あおりハンドルは、後続車や対向車などと接触する可能性もありますが、なぜ逆方向に膨らむのでしょうか。

度々問題となる「あおりハンドル」行為はなぜ起こるのか?
度々問題となる「あおりハンドル」行為はなぜ起こるのか?

 SNSを見ても、「一般道の左折で右振りする人見かける」「交差点で右振りして縁石乗り上げている人がいた」「左折前の右振り本当にやめてほしい」といったように、右振り運転について実際に見たという声や、危険性を感じている人が見受けられています。

 また、「無意識に右振りしてしまってた」「悪い癖だから直さないと」といったように、ついクセとなって右振り運転をしてしまうドライバーの声も一部見受けられています。

 そうしたなかで、栃木県にある烏山自動車学校(@KarasuyamaDS)のSNSでは、「だめすぎる急な左折例」という投稿とともに、危険運転の動画を投稿しています。

 この動画では、窓に肘をかけ片手ハンドルで運転しており、左折する際には徐行せずクルマを右にふくらませて左折をおこなっています。

 こうした左折する際の右振り運転は、通常の一般道でも一部で見られており、「あおりハンドル」と呼ばれるなど、危険な運転の仕方であるといえます。

 では、なぜあおりハンドルをする人がいるのでしょうか。動画を投稿した烏山自動車学校の担当者は、以下のように説明します。

「こうした運転の仕方は、初心者や教習所で練習している人でもクセとしてやってしまっている人を見かけます。

 また、日常的に運転している人では、スピードを出す人がやってしまう傾向にあります。

 運転していても無意識的にやってしまう人もいるようで、左に寄せる間隔がつかめず狭く感じてしまうという人もいます」

 道路交通法第34条では、「車両は、左折するときは、あらかじめその前からできる限り道路の左側端に寄り、かつ、できる限り道路の左側端に沿つて(道路標識等により通行すべき部分が指定されているときは、その指定された部分を通行して)徐行しなければならない」と定められています。

 このため、基本的に右左折をおこなう際は、曲がる方向に寄って徐行する必要があります。

 あおりハンドルなど逆方向に膨らんだ運転をすることで、端に隙間ができ間を縫ってバイクや自転車からすり抜けをされたり、思わぬ接触事故も考えられるため、気をつけなければなりません。

 前述の自動車教習所の担当者は、あおりハンドルの危険性や対処法について以下のように話しています。

「右振り運転をおこなうことで、追い越しをするクルマへの接触や対向車とぶつかってしまう可能性も考えられます。

 事故を防ぐためにも、教習所で習った運転について守ることが大切です。

 右左折するときは速度を緩めて、徐行するように心がけて下さい。

 端に寄せたときの距離の間隔なども掴むようにするのも良いでしょう」

【画像】これが、だめすぎる急な左折例!? 自動車学校が投稿したNG例を見る!(10枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント

10件のコメント

  1. ある程度道幅が有る道路で且つ歩行者がいる場面、左折車があおり運転すると抜けずに信号が赤になることが度々有る。特に軽自動車に多く見られる運転です。
    私はあおり運転は巻き込み事故が怖くて出来ません。
    車を運転する時は自動車学校で教えられたとおりに基本に忠実な運転を心掛けております。
    被害者にも加害者にもなりたくありません。

    • 近所に、そのような渋滞がよく、発生する交差点がありますよ。
      左折するのに、左側にまったく寄らずです。(右折も同様ですね。)
      道路の真ん中から左折するもんで、歩行者横断待ちで停止だと、後続直進車が抜けません。えてして、こういう、車の後ろには、後方ドライブレコーダー撮影中の大きなステッカーが貼られていたりしますわ。

      先日、同じ交差点を左折する、大型観光バスの後ろを走行しましたが、バスを左側にびったし寄せて、あおり無しで通過して走る姿は、美しかった、さすがプロ。
      私も、美しい運転を心がけたいと思いましたわ。

    • 確かに軽自動車で左折あおり運転する方が多いと感じます。
      また、軽自動車は、後ろにピタッとくっ付いてきて、あおってくることが多いですね。こんなにくっ付いて来て、何かの拍子に急ブレーキをかけられても、止まれると思ってくっ付いてるんですかね。

    • 車間距離をとって走ってますから,交差点に入る時は,あおりハンドルに成らないはず。それよりも,黄色に成っても車が交差点内に入るのは考え物です。赤信号でもバンバン入って来て危ないですねぇ。未だ間に合うと思ってる人達がこの頃多いですねぇ?

  2. 内側を走ってパンクをした事があり,また内側に寄ると後ろから来た車がギリギリ寄り嫌な思いを何回もした為,外側から斜めに左折したりします!

  3. センターラインのある道幅の広い道路で左折のあおり運転は技術が未熟過ぎます。
    そういう人は良く見るのですが緩いカーブをセンターラインを踏んで走っています。
    こちら側が接触すると大損ですのではじに避けますがなんとかして欲しいです。
    田舎道(伊豆スカイラインなど)もカーブは対向車線にわざとはみ出して運転すると早く曲がれるので良いという人が多いです。対向車がいないところでして欲しいですね。
    他人を思いやる気持ちで安全運転してで無事に家に帰りましょう。

  4. 免許歴50年の者です。
    この件に関しまして、責任は自動車学校にあります、運転方法のみ教えて「マナー」「知識」などを全く教えず、こんな馬鹿なドライバーを生み出してるからです、早く卒業させて稼ぐ事し考えていません、全国の自動車学校の先生の能力が上がり、一人前のドライバーを育てられる先生になって下さい。
    運転技術はその内つきます、まずマナーです。あおり運転も無くなります。

  5. そもそもタイヤの軌跡がイメージ出来て無くて、
    コーナーに対して早く切り過ぎて内側の縁石に乗り上げる様な経験をした方が、
    それを恐れて大回りしようと外側に振る癖に付けてしまってる場合が多いのだと思う。
    比較的狭い路地裏の交差点が多い地域ほどよく見られますね、
    まあ、へたくそが努力して直そうとせずむしろ悪い癖をつける典型的な例でしょう。
    交差点手前での減速が不十分で曲がり急ぐせっかちな人程こういう悪いコーナリングになるんだ、
    ちゃんと減速せず安全確認してないならなおさら危険だよね、
    交差点での左折の基本は
    アウトインアウトではない
    (というか減速不良の上で焦って早くハンドル切って縁石踏んだり、
    外側に膨らんでしまうのだから、それすらも正しくは実践出来ていないんだけど)
    安全確認しつつスローインファーストアウトを心掛けるのがよろしいかと思います。

  6. 左折車が左に寄らないのは、非常に腹が立つ。しかも5ナンバーとかありえないでしょ。
    あなたは、トラックに乗っているつもりですか?運転下手過ぎ、いつが事故りますよ。

  7. 最近の車はタイヤの関係で最小回転半径がデカすぎ。