新車の国産SUVを選ぶより中古で初代「レンジローバー イヴォーク」を買った方が幸せな理由とは

ランドローバーが誇るフラッグシップモデルといえば、「レンジローバー」で間違いありません。しかし、その名車の小型版である「イヴォーク」もまた、同社を代表する人気車種です。2012年から2019年の間販売された初代イヴォークは、そのカジュアルなルックスから日本でも優秀なセールスを記録。今回はそんな初代イヴォークが中古車としてオススメできるワケを、解説します。

モード系なのに飽きないデザイン

 食品に賞味期限あるいは消費期限があるのは当然のことだが、「デザイン」や「ファッション」にも賞味期限はある。そしてその期限は、モノによって長かったり短かったりする。

 一例を挙げるなら、1955年代にジェームズ・ディーンが映画『理由なき反抗』のなかで見せた「Leeの101ライダース+白Tシャツ」という着こなしは、映画公開から66年がたった今でも普通に現役である。また1979年公開の映画『さらば青春の光』でフィル・ダニエルズがまとっていたフィッシュテール・パーカー(通称モッズコート)+細身のスーツというスタイルも、まったく色褪せていないように思われる。

 だが逆に、1980年代に流行した「肩パッド入りのジャケット+タック入りパンツ」で駅前を歩けといわれたら、それはもはや何らかの罰ゲームだろう。

本国では2011年に発売された「初代イヴォーク」。レンジローバーとネーミングされているが、当時ブランド最小サイズだった「フリーランダー2」をベースとしている(C)Jaguar Land Rover
本国では2011年に発売された「初代イヴォーク」。レンジローバーとネーミングされているが、当時ブランド最小サイズだった「フリーランダー2」をベースとしている(C)Jaguar Land Rover

 このようにファッション/デザインにも食品同様の「賞味期限の長短」があるわけだが、その意味でいうと、日本では2012年3月に発売された初代ランドローバー「レンジローバー イヴォーク」(以下、長いのでイヴォークと省略)は、きわめてモード的で素晴らしくしゃれたデザインであっただけに、その時間的な耐久性は「短いのだろうな」と筆者は予想していた。

 メルセデス・ベンツ「Gクラス」のような四角四面のクルマは、いくら時間が経とうと古びないというか、逆に“風味”が出てきたりもするが、イヴォーク的な、あるいはアウディ的な「モード系デザイン」は、出た直後はかなりいい感じなのだが、3年から5年も経つと、その経過した時間以上に「なんか古いな……」と感じられてしまう場合が多いのだ。

●街なかで色褪せない初代「イヴォーク」

 だが初代イヴォークは違った。

 日本での発売から9年半が経過し、新型(2代目)の登場からも2年以上が経ったわけだが、初代イヴォークの「しゃれてる感じ」はいささかも減じていないように見えるのだ。

 いやもちろん、2代目と初代を真横に並べた上で見比べれば「初代はやっぱ古いな……」とわかるが、初代単体で街を走っている姿を見かけると、いまだに「おっ?」と思わされるのである。

 初代イヴォークのデザインは、いかにも時間的な耐久性が低そうに見えて、実はそうでもなかったのだ。普遍的……とまでいえるかどうかは不明だが、少なくともあと数年間は、人に「おっ?」と思わせるだけの“美”と“モード”が、初代イヴォークには備わっている。

 となれば当然気になってくるのは、新車の2代目イヴォークと違って比較的安価な予算でも入手可能な「初代の中古車」である。

【画像】最新といわれても納得する「ランドローバー 初代レンジローバー イヴォーク」を見る(10枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント