セナが乗りジェンソン・バトンが憧れた「JPS」カラーのラドフォード「タイプ62-2」は中身も凄かった

ジェンソン・バトン氏が開発に携わったラドフォード「タイプ62-2」に、往年の「JPS」カラーをまとった特別仕様モデルが加わりました。カラーリングだけでなく、チューニングも施された本格仕様です。

カラーリングだけでなく、中身も違う真の「JPS」仕様

 2021年8月7日に正式に発表された、ラドフォード「タイプ62-2」。ロータス「タイプ62」にインスパイアされたこのモデルは、F1パイロットであったジェンソン・バトン氏も開発に携わっていることでも注目を集めた。

 わずか62台のみ生産されるこのクルマには、すでにオーダーが入っているそうだが、ラドフォードは、より希少性の高いモデルの生産を発表した。それが今回紹介する「タイプ62-2 ジョン・プレーヤー・スペシャル(JPS)」である。

62台生産されるラドフォード「タイプ62-2」のうち、12台がJPS(ジョン・プレーヤー・スペシャル)のカラーリングをまとう
62台生産されるラドフォード「タイプ62-2」のうち、12台がJPS(ジョン・プレーヤー・スペシャル)のカラーリングをまとう

●ロータスと深い縁のあるジョン・プレーヤー・スペシャルとは

 もともとタイプ62−2は、個々のオーナーが希望する仕様に合わせて製造されるものとなっているのだが、12台のみ外装をJPS(ジョン・プレーヤー・スペシャル)のカラーリングとしたのだ。

 ロータスとJPSとのつながりは深い。1970年代から80年代にかけてのF1シーンを思い出すとき、かならず登場するのはこの組み合わせだ。とくに、1972年シーズンは、エマーソン・フィッティパルディ選手が5勝を挙げているし、アイルトン・セナ選手がドライブしたロータス「98T」も、JPSカラーに彩られていた。

 そんな伝説的なカラーリングを採用するにあたってラドフォードは、たんに外装のみを変えて、よしとはしなかった。

 このタイプ62−2 JPSに搭載されるエンジンは、カムシャフトやピストン、コンロッドを変更し、スーパーチャージャーもアップグレードすることで、ゴールドリーフ・グレードの500bhpから、600bhpへと引き上げている。

 また車重も、ゴールドリーフ・グレードよりも軽くしたことから、その走りはレーシングカーに近いものとなっている。

 ジェンソン・バトン氏は、Type 62-2 JPSについて、次のように語っている。

「ジョン・プレイヤー・スペシャルのタイプ62-2は、お金で買えるもっとも極端なタイプ62-2です。エマーソン・フィッティパルディやアイルトン・セナといったF1のヒーローたちがレースで使用し、私がドライバーになりたいと思ったきっかけとなったマシンである、もっとも象徴的なレーシング・カラーのひとつです。

 JPS Type 62-2は、公道でもサーキットでも非常に優れた性能を発揮します。非常に軽く、非常に速く、軽快で、五感を刺激し、熟練したサーキットカーにも引けをとりません。もちろん、ラドフォードのようなオーダーメイドのコーチビルダーのハイエンドなタッチで装飾されています」

 エンジンのパワーアップに伴い、ブレーキは360mmの径を持つローターと、APレーシング製モノブロックキャリパーを装備。タイヤはミシュランのパイロット・スポーツ・カップ2となっている。

 エアロパーツもより空力を意識したものとなった。フロントのスプリッターやリアディフューザーは、ダウンフォース増大のため大型化され、サイドのエアインテークも、冷却性向上のために大型化されている。

 ちなみに、JPSのボディカラーは10層のキャンディブラックをベースに、特注のゴールドを施したもの。そのため、光のあたり方によって、微妙に色合いが違って見える。

 このタイプ62−2 JPSは、2021年9月17日から開催される、グッドウッド・リバイバルで公開される予定となっている。

【画像】JPSカラーが眩しいラドフォード「タイプ62-2」とは(12枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント