ついにスバル新型「WRX」が世界初公開! 特別に仕立てられたWRX3選

日本時間の2021年9月10日、スバルは新型「WRX」の北米仕様を世界初公開しました。ハイパフォーマンスセダンであるWRXが、すべてを一新して登場。そこで、これまでに登場した特別なWRXを振り返り、3車種ピックアップして紹介します。

新型WRX誕生記念! 特別に仕立てられたWRXを振り返る

 スバルは日本時間の2021年9月10日夜、ハイパフォーマンスセダン新型「WRX」の米国仕様を世界初公開しました。2代目となるWRXは先代からコンセプトを継承しながらも、よりアグレッシブなデザインとなり、走る愉しさを最大限に高めたといいます。

ついにアメリカで公開された新型「WRX」の北米仕様
ついにアメリカで公開された新型「WRX」の北米仕様

 今回発表されたのは前述のとおり米国仕様で、スバルグローバルプラットフォーム×フルインナーフレーム構造のボディへと一新。

 パワーユニットは2.4リッター水平対向4気筒直噴ターボエンジンで、最高出力(開発目標値)は271hpを発揮。トランスミッションは6速MTまたは新開発のCVT「スバル・パフォーマンス・トランスミッション」が組み合わされ、駆動方式はAWDですが、MT車がビスカスLSD付きセンターデファレンシャル方式、CVT車が不等&可変トルク配分電子制御AWDの「VTD-AWD」を採用。

 ボディサイズ(インチから換算)は全長約4668mm×全幅1826mm×全高1468mmと、先代からひとまわり大きくなっています。

 また、SUVテイストも感じさせるような、前後フェンダーアーチや前後バンパー、サイドスカートにブラックの樹脂パーツを採用し、外観のアクセントになっているのと同時に力強さを表現。

 新型WRXは2022年にアメリカで販売される予定で、日本仕様については今のところアナウンスされていません。

 このWRXといえば、初代においてこれまで数多くの魅力的な特別仕様車やコンプリートカーが登場しました。そこで、特別なWRXを振り返り、3車種ピックアップして紹介します。

●WRX S4 tS

シャシの素性の良さを高めるチューニングをメインとした「WRX S4 tS」

 初代WRXでは、6速MTモデルの「WRX STI」と、CVT(スポーツリニアトロニック)の「WRX S4」がラインナップされていましたが、このWRX S4をベースにSTI(スバルテクニカインターナショナル)の手によって仕立てられたのが、2016年に登場した「WRX S4 tS」です。

 WRX S4 tSはやみくもにパワーを追い求めるのではなく、WRX S4の走りのポテンシャルを全方位的に高める方向性です。

 そのため2リッターターボエンジンの最高出力は300馬力のまま、吸気系のモディファイによりレスポンスを高めています。

 外装はスタンダード仕様では前後のアンダースポイラーやサイドスカートなどを装着。比較的おとなしい印象ですが、もう1台「NBRチャレンジパッケージ」が設定され、こちらは大型のリアウイングが取り付けられ、戦闘的です。

 内装ではSTI製レカロシートやSTIロゴ入りルミネセントメーターをはじめ、専用装備を随所に採用し、スポーティな室内空間を演出。

 ほかにも足まわりでは、STI製BBS19インチ鍛造アルミホイール、ビルシュタイン製可変減衰力ダンパー、フロントブレーキにブレンボ製4ピストンキャリパーなどが奢られ、操縦性の向上が図られています。

 なお、WRX S4 tSは、約半年間の期間限定で販売されました。

スバル・WRX S4 の中古車をさがす

●WRX STI EJ20ファイナルエディション

名機「EJ20型」エンジンのフィナーレを飾った限定車の「WRX STI EJ20ファイナルエディション」

 スバルは1989年に誕生した初代「レガシィ」から続く高性能エンジン「EJ20型」を、2019年度で生産終了すると発表。そこでWRX STIの最後の限定車「WRX STI EJ20ファイナルエディション」を、2019年10月に555台限定で発売しました。

 WRX STIとEJ20型エンジンの集大成となったWRX STI EJ20ファイナルエディションは、「WRX STI タイプS」をベースに、エンジンの回転系パーツであるピストン、コンロッド、クランクシャフトなどの重量公差・回転バランス公差を最小限に抑えた「バランスドエンジン」を搭載。

 また、EJ20型エンジンの特徴である、高回転域まで気持ちよく吹け上がるフィーリングに、さらに磨き上げました。

 外観では、ゴールド塗装のBBS製19インチ鍛造アルミホイールを装着し、フロントグリルやリアバンパーには、STIのコーポレートカラーである「チェリーレッド」の差し色を採用。

 ドアミラーやシャークフィンアンテナはブラックに塗装することで、全体を引き締めるアクセントとしています。

 WRX STI EJ20ファイナルエディションは、受付期間中に購入希望者が台数を上まわったため、最終的に抽選販売(商談権の抽選)となりました。

 なお、当時の価格(消費税込)は452万1000円から485万1000円でしたが、現在は700万円台から800万円台で中古車が販売されています。

スバル・WRX STI の中古車をさがす

●S209

歴代最高のパワーを誇り、より獰猛なスタイルに変貌を遂げた北米限定車の「S209」

 前出のとおり、日本ではWRX STI EJ20ファイナルエディションが最後の限定車でしたが、アメリカでは2019年に、WRX STIベースのSTI謹製コンプリートカー「S209」が209台限定で販売されました。

 エンジンはアメリカ仕様のWRX STIに搭載された2.5リッター水平対向4気筒ターボ「EJ25型」をベースに、大型エアクリーナーや専用吸気ダクト、大径ターボチャージャー、専用設計の低背圧マフラー、専用ECUなどによるチューニングで最高出力は歴代最強の341hpを発揮。

 組み合わされるトランスミッションは、もちろん6速MTのみです。

 エンジンと同じく、日本で販売されたWRX STIベースのコンプリートカーと大きく異なっていたのが外観で、カナード一体型のフロントオーバーフェンダーとリアオーバーフェンダーが装着され、ボディサイズは全長4620mm×全幅1839mm×全高1475mmとベース車に対して全幅が44mmワイドになっています。

 また、専用の前後アンダースポイラー、ドライカーボン製の大型リアウイングが追加され、車高のローダウンと専用の19インチホイールによって、よりアグレッシブなスタイルに変貌。

 ほかにもカーボン製ルーフなどによる軽量化とボディ剛性の向上、足まわりではビルシュタイン製ダンパー、強化されたコイルスプリングとブッシュを装着し、コーナリング性能も高められています。

 S209は発売後に即完売し、日本でも販売してほしいというリクエストもあったようですが、結局は実現しませんでした。

※ ※ ※

 現在、日本車においては、同クラスの高性能セダンは貴重な存在となっています。

 さらに、脱炭素化が急速に進みつつある昨今、WRXはピュアな内燃機関を搭載した高性能モデルであり、このことも大変貴重な存在といえるでしょう。

 新型WRXは、今後さらにハイパフォーマンスな特別仕様車やコンプリートカーの登場も期待できますから、日本での発表が待ち遠しいファンも多いのではないでしょうか。

【画像】ジツは新型「WRX」の外観はかなり個性的? 新型と共に特別なWRXを見る(40枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント