出入口にゲートのない駐車場が増殖中! 最近 商業施設で増えてきた「スマートパーク」とは

コロナ禍で増え続けているその理由とは

 そしてこのスマートパークは、先に挙げただけではない、大きなメリットが普及を後押ししているそうです。

入口や出口にゲートや発券機がないため、駐車場出口での待ち時間がなくなった
入口や出口にゲートや発券機がないため、駐車場出口での待ち時間がなくなった

「まず、磁気カードの駐車券が不要となり、コストが大きく削減できます。

 次に出庫渋滞の解消です。大規模な商業施設では、出庫が集中する時間帯に出口ゲートでの精算待ちが発生しがちですが、スマートパークではあらかじめ精算機で手続きを済ませ、出口はノンストップ通過できるため、待ち時間は発生しません。

 さらに一度きりで使い捨てされる磁気カード、出庫渋滞の細かいゴーストップで消費されるガソリンを削減することで、環境問題にも大きな効果をもたらすことができます」

 そして読み取ったナンバープレートのデータを、防犯やマーケティングにも活用できるとのことです。

「万引きなどの発生データとナンバーデータを結びつけ、不審なクルマの入庫を店舗の警備部門に通知できます。スマートパークのそうした仕組みを察知した常習窃盗犯が寄りつかなくなり、導入店舗では被害が大きく減少しているという例もあります。

 さらにナンバーの情報を利用して来店客のエリア分析をおこない、販促活動に役立てることも可能です。駐車台数に余裕のある店舗では、エリアごとに異なる料金体系とし、『短時間駐車なら店舗に近い屋内』『長時間駐車は割引時間の長い屋外』など、利用者の使い分けを促すといった細かい運用ができます。これもカメラによる画像認識システムだからこそできる特徴です」

 また現在のコロナ禍では「モノに触れない=非接触」が求められ、何かに触れた後は消毒や手洗いが推奨されています。スマートパークでは入庫のときの「発券ボタン」への接触がないのはもちろん、出庫手続きも利用者のスマホにインストールしたアプリを使うことで、“非接触”が実現するとのことです。

「近い将来、電子マネーやクレジットカードなどと連携し、買い物データをそのまま転送することで、出庫手続きそのものをなくすことも視野に入っています」

 なお気になる「精算せずにそのまま出庫してしまう利用者」ですが、じつはかなり少ないそうです。これは「カメラで撮影されている」ことに加え、日本人の民度の高さも表しているのではないでしょうか。

【画像】運転な苦手な人も安心! ゲートのない駐車場を見る(15枚)

マツダ、HKS 無料セミナー「お得バナシ」はココを見て! 参加者全員 Amazonギフト券プレゼント!!

画像ギャラリー

1 2

【2023年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

2件のコメント

  1. 以前 広島県尾道市にあるイオン尾道店にあるものを利用した時、30分以内なのに「今回無料+未清算分14万円」って表示されたことがあります。
    近くのカメラ屋さんに週一で行っていたのですが、その際にイオンの敷地に入らないまでも入口カメラの前まで行ってバックしてカメラ屋の駐車場に入っていることがありましたが、確か2週間分くらいだったと思います。 入るらしいとカメラは判断し、出ていないのでその2週間はいた事にカウントしていたようですが、訳が分からず即駐車場の会社に連絡するものの、翌週もイオン利用時に過去の誤履歴が消去されておらず、散々でした。 
    しっかりとした運用をして欲しいものです。

  2. 満空表示のできない駐車場なんて要らない

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー