次期「GT-R」はe-POWER搭載? 新型「オーラNISMO」登場で見えた日産の電動NISMO戦略

2021年8月17日に、新たなNISMOモデルとして新型「ノート オーラNISMO」が発表されました。電動パワートレイン「e-POWER」搭載のNISMOということで注目されますが、NISMOモデルやスポーツカー「GT-R」の電動化にはどのような戦略があるのでしょうか。

「ノート」の上級モデル「オーラ」にNISMOを新設定

 2021年8月17日 12時前、日産が特設したYouTubeのライブ配信では「オールニューNISMOモデルアンベール」というタイトルが掲げられており、どのモデルにNISMOが設定されるのか、YouTubeのコメント欄でも「ノート」や「キックス」ではないかと発表前から盛り上がりを見せていました。

 今回、ノートの上級モデルである「オーラ」にNISMOが設定されたわけですが、ユーザーの声からも分かるように、オーラのNISMO化はユーザーはもとよりメディア関係者にとっても意外な話だったと思います。

モータースポーツの技術を注入した日産新型「ノート オーラNISMO」
モータースポーツの技術を注入した日産新型「ノート オーラNISMO」

 日産としては、日本車メーカーとしては唯一無二の存在で、しかも欧州高級ブランドのエントリーモデルをライバル視するという商品戦略を打ってきたモデルがオーラです。

 それに、さらに価格の高いNISMOを設定するという発想は、まさに日産が事業再生を目指して推進している「NISSAN NEXT」を象徴するものだと感じます。

 また、今回のオンライン発表会で新型オーラNISMOの開発者の話を聞いていると、日産としてやっと「NISMOのこれから」に対する方向性が定まってきた印象がありました。

 NISMOは日産のモータースポーツ活動を中核として、アフターマーケット向けのチューニングパーツを企画販売する企業です。

 モータースポーツにおいて、国内ではスーパーGT、海外ではEVのフォーミュラeに日産ワークスとして参戦しています。

 ただし、フォーミュラeについては、2014年の開幕当初は世界的に大きな話題となりましたが、その後は徐々に日本でのメディア露出が減り、日産が参戦していることを実感しているユーザーがそれほど多くない印象があります。

 一方スーパーGTについても、日本を含めたグローバルで量産車のEVシフトが急激に進むなか、今後の車両規定をどうするべきかという岐路に立っている状況です。

 また、アフターマーケット市場については、日本では近年、スポーツカー路線からSUVやアウトドア路線へと需要が変化しています。

 こうした状況を踏まえて、日産としては「NISMOのこれから」を熟慮するなかで、新型オーラNISMOという形が具現化されたのだと思います。

 また、海外でのNISMOですが、主力は「GT-R」と「370Z(日本名:フェアレディZ)」で、アメリカ市場ではミッドサイズピックアップトラックの「フロンティア」向けなどのオフローダー仕様が人気商品となっています。

 しかし、そうした現行商品のなかでは「NISMOのこれから」を感じ取れるようなトレンドは見えてきませんでした。

【画像】新型オーラNISMOがカッコいい! 赤いアクセントがイケてるNISMOロードカー(29枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント