マセラティ新型「MC20」が北米に殴り込み! ペブルビーチで初披露

2021年8月16日、モントレーで開催された「ペブルビーチ・コンクール・デレガンス」において、マセラティ新型「MC20」が初披露された。

イタリア語で "レース "を意味する「マセラティ・コルセ」の略

 カリフォルニア州モントレーで開催された「ペブルビーチ・コンクール・デレガンス」で、マセラティ新型「MC20」が披露された。これは、北カリフォルニアでの初披露となる。

 トライデントブランドの新時代を象徴するMC20がアンヴェールされた瞬間、新型MC20の流麗なラインを目にしたVIP観客からは、称賛の声が上がったという。

マセラティ新型「MC20」
マセラティ新型「MC20」

●ペブルビーチ・コンセプト・ローンとは

 ペブルビーチ・コンセプト・ローン(Concept Car Lawn)は、カリフォルニア州で開催されるモントレー・カー・ウィークのハイライトのひとつで、先進的なデザインとイノベーションが毎年紹介されている。しかし、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、2020年は開催中止。2021年にイベントが復活を遂げた。

●新型MC20の先進的なデザインとイノベーション

 326km/h以上の最高速度を誇る新型MC20は、マセラティ初のカーボンファイバーモノコックを採用。1500kg以下の軽量化を実現したスーパースポーツカーで、パワフルな新型ネットゥーノエンジンが搭載されている。

 ネットゥーノエンジンは、F1由来の技術が採用されたV6エンジンで、優れたパワーウェイトレシオを実現。0-100km/h加速を2.88秒で達成するという。

 また、新型MC20は、レーシングカーとしてのDNAを持ち、伝説的な「MC12」の後継モデルとしてふさわしいクルマだ。名前の「MC」は、「マセラティ・コルセ」の略で、「コルセ」はイタリア語で「レース」を意味している。

 20年以上ぶりにマセラティが自社で開発・生産した、最高出力621psのネットゥーノエンジンは、マセラティのレーシング・ヘリテージをドライバーに確実に伝えてくれるものだ。

 なお、イタリアで製造された新型MC20は、100%メイド・イン・モデナとなっている。

【画像】レーシングカーとしてのDNAを持つマセラティ新型「MC20」とは(6枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー