ホンダ8代目「バラードRS」はどんな爆イケ顔セダン? 40年の歴史繋ぐ南アの最新モデルとは

日本では1980年代に存在したホンダ「バラード」が、南アフリカでは8代目モデルとして販売されているといいます。どんな小型セダンなのでしょうか。

南アフリカで販売されるホンダ8代目「バラード」

 ホンダ「バラード」は日本ではシビックの姉妹車として、1980年代に2代にわたり販売された小型セダンです。

南アフリカ仕様のホンダ「バラード」
南アフリカ仕様のホンダ「バラード」

 派生車種として生まれた「バラードスポーツCR-X」とあわせて、多くの人の記憶に残るホンダ車として知られていますが、2021年現在バラードという名前が日本の新車市場から消えて30年以上が経過しています。

 一方、南アフリカ市場では新車のバラードが現行ラインナップとして販売されているというのですが、どんなクルマなのでしょうか。

 2021年現在、ホンダの南アフリカ法人が販売する8代目「バラード」は、ホンダが東南アジア向けに販売する小型セダン「シティ」の南アフリカ仕様にあたるクルマです。

 ベースとなるシティは、2019年11月25日にタイで世界初公開されたモデルで、タイ本国では1リッターターボ仕様が設定され、発表から1年後にはハイブリッド仕様(e:HEV仕様)も追加されました。

 南アフリカで販売されるバラードは、ボディサイズが全長4568mm×全幅1748mm×全高1467mm、ホイールベースが2600mm。

 搭載されるエンジンは最高出力121馬力・最大トルク145Nmの1.5リッター直列4気筒エンジンで、全車CVTが組み合わされます。

 グレード展開は「コンフォート」「エレガンス」「RS」の3グレード展開で、最上級グレードの「RS」は15インチから16インチにインチアップしたタイヤや、RS専用エクステリア、レザーシートなどが与えられ、スポーティな装いとなります。

 価格は、34万4300ランドから40万6100ランド(日本円換算で約261万円から約308万円)です。

※ ※ ※

 ホンダの南アフリカ法人はバラードの歴史について、日本と海外の歴史をあわせたうえで、バラードは最新モデルで8代、40年にわたる歴史を持つと説明します。

 バラードだけでなく、日本で販売されたクルマの名前が海外で復活した例としては、前述のシティや中国の「ライフ」(現:東風ホンダ版「フィット」)などさまざまあるため、調べてみると意外な発見があるかもしれません。

【画像】ツリ目のイケメンセダンに進化! ホンダ8代目「バラード」などを画像で見る(20枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント