なぜ13年超の車が重課税対象?「納得できない!」車に税金掛かりすぎ! 海外と比べてどの位高いのか

度々、話題となる「日本の自動車関連税」の議論。クルマは、所有すれば自動車税に重量税、走行すればガソリン税など、なにかと税金がかかるイメージです。しかし、果たして本当に日本の自動車関連税は高いのでしょうか。

「日本の自動車関連税は高い!」は本当か?

 クルマは、所有すれば自動車税に重量税、走行すればガソリン税など、なにかと税金がかかるイメージです。
 
 しかし、果たして本当に日本の自動車関連税は高いのでしょうか。そして、自動車愛好家は自動車関連税に対してどのように考えるべきなのでしょうか。

「長く大事にするのは良いことでは?」 13年超のクルマは自動車税が重課される
「長く大事にするのは良いことでは?」 13年超のクルマは自動車税が重課される

 2021年7月現在、自動車関連税には、自動車税および軽自動車税や自動車重量税といった「車体課税」と、揮発油税などの「燃料課税」があり、実際には消費一般に対して広く公平に課される税である「消費税」も、自動車の購入や使用に関わってきます。

 税金には、「中立公正な課税」という基本原則があります。

 ここでいう「中立公正」とは、国民全員に対して同等の税額を課すという意味ではなく、所得に応じて適切な課税をするという意味とされています。

 また、「受益者負担」という原則もあります。

 これは、市場経済において、その利益を受ける者がそれに必要な負担を請け負うというもので、簡単にいえば、道路の維持整備に必要な費用は、道路を利用する自動車オーナーが支払うべきという考え方です。

 自動車税や軽自動車税は、クルマという高額品を購入することができるという点に担税力(=税を支払う能力)があるとして、所得の多い国民から税徴収をするという「中立公正な課税」という側面と、実際に道路を利用する自動車オーナーがその維持整備に関する費用を負担するという「受益者負担」というふたつの側面があります。

 このふたつの基本原則から発生する税金は、日々公共サービスを享受している以上受け入れるべきものであるでしょう。しかし、実際にはさまざまな問題があるのも事実です。

 自動車重量税や揮発油税は、重量の多いクルマほど道路を損傷する可能性が高いことや、ガソリンを多く使用するクルマのほうが環境に与える影響が大きいことから、「受益者負担」の原則に則った税とされてきました。

 しかし、実際には2009年に法改正で、自動車重量税や揮発油税などは一般財源化されたことで、道路関連に限定されずに使用できることとなりました。つまり、前述の「受益者負担」の原則から離れています。

 いわゆる「二重課税」も問題視されることが多くあります。例えば、ガソリンを購入する際、ガソリン本体の価格に揮発油税を課税し、さらにその金額に消費税を課税するというものです。

「二重課税」そのものは違法ではありませんが、当初の想定を超える課税につながる恐れがあることから、経済発展を阻害するものとして極力排除すべきものとされています。

 また、とくに自動車愛好家から不興を買っているのが、自動車税や自動車重量税の13年経過後の重課です。

 自家用車であれば、登録から13年経過すると自動車税や自動車重量税が概ね10%割増となります。18年経過すると、さらに割増となる二段階での重課制度となっています。

 これも、基本的には「古いクルマほど環境に与える影響が大きい」ことから「受益者負担」の原則に沿った課税制度ですが、「古い物を大切に使うことは悪いことなのか?」と批判されることも少なくありません。

 さて、ここまで日本の自動車税制について見てきましたが、いくら詳しく解説をされようとも「高いものは高い」と感じる人も少なくないでしょう。

 日本の自動車税制を批判する際には、諸外国との比較が挙げられることが多くあります。

 日本自動車工業会(自工会)の発表によると、例えば、「排気量1.8リッター・カタログ燃費15.8km/L(JC08モード)・車体価格180万円」の乗用車の保有に関する車体課税(日本の場合「自動車税」と「自動車重量税」)は、米国の約31倍とされています。

 米国は諸外国から見ても極端に自動車関連税が安いこともありますが、ドイツと比べても約2.8倍、イギリスと比べても約2.4倍となるなど、やはり日本が高い水準であることがわかります。

 ただ、これはあくまで車体課税に関した数値です。より視点を広げると、ドイツやイギリスは日本と比べて消費税(付加価値税)が高く、日々の生活に関する税負担は多くの場合、より大きいとされています。

 また、国税庁の調査によると、年収500万円の所得税および住民税負担率を見ると、日本はドイツの2分の1以下、イギリスの4分の1以下となっています。

 アメリカは日本よりも住民税負担率が若干低いですが、医療費が非常に高いなど、社会保障に関する公共サービスが日本とは大きく異なります。

 自動車税が半分になる代わりに、消費税が倍になったり、所得税が増えたり、医療費が高額になったりするといわれたら、手放しで喜べる人はまずいないでしょう。

 もちろん、現在の制度に甘んじることなく、より良い方向を主張するのは重要なことです。ただし自己中心的な主張は建設的ではありません。

 自動車税制に疑問を感じる人の多くは、おそらく自動車愛好家なのではないかと思います。ただ、自動車愛好家だからこそ、建設的な議論となるように広い視野を持った主張が必要です。

【画像】可愛い絵柄だけど…それは納税通知書だった(11枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

11件のコメント

  1. 古い車を所有している人は大事に乗るため、そもそも年間を通して距離を走らないというのも多く居ます。
    営業車両はガンガン走って数年で乗り換えというのも多いかと思います。
    営業車両の税金が少なく、大事に大事に乗っている車が多く税金がかかるというのは不公平だという感じもします。
    車両作成時、廃棄時に莫大なエネルギーを消費することから環境負荷や路面補修の費用を考えれば不満を言うのは尤もだと思います。
    25年経過した宝のような車が海外に流出するのも問題があると思います。
    新車を買わせて経済を回すという意見は理解しますが、今のままでの税制は問題があると思います。
    例えば25年までは税負担を重く、25年以上経ったら軽くするとか、問題点や不満を少なくする知恵もあっていいかなと思います。

  2. 話の筋書きが違いすぎる。
    これ以外に車の関する税金は多々あって、燃費が悪い車というのならガソリン税とそれに伴い消費税を多く払っている訳で、”13年重課税”と言うことにたいしての説明にもならない。
    愛好かどうか以前にユーザーが大昔みたいに最初の2年車検の頃みたいに2年で買い替えから、最近は7年ぐらいは買い替えない時代になって、当然国内の自動車産業の生産数が落ち行くわけでそれに伴う収入減や税収減の対策というだけの話。

    • 車検の度に「エコカー」変え変えるのと
      13年間同じ車に乗るの
      明らかに後者のほうが
      トータルで
      環境負荷の低減だろう‼️

  3. 子供達の社会見学のコースに自動解体工場を取り入れてみたらどうだろうか?
    まだまだ使える車の現実とか見せるといい。
    給食残すな?とか説得力ねーよなw

  4. とても良い記事でした。私も同意見です。重加算で払っているひとは、筆者のような考えの人はいないんじゃないかと思っていましたが、安心しました。
    自分だけの立場だけで考えるのではなく、日本経済含めて大きな視点で考えたときに、重加算の考え方が必要だと思います。この理解には利己主義ではなく「利他」の考え方が必要であり、また、経済発展は巡り巡って自分にも利益があるという考え方が重要ですね

    • エコカー減税で収入が減った国土交通省が収入確保に
      13年とまだまだ乗れるのに
      増税にする

  5. 消費税については輸出還付があるから、それを撤廃してくれるなら結構。
    加工した時点でもうエンドユーザーだからそれまでのを還付する理由がないが、詭弁でねじ曲げてある。
    おかげで何でもかんでも取って返すので、金の密輸に利用される謎税法。

    貿易関連だと、国内向けニュースではなぜかカットされるけど保護貿易として海外から突っ込まれる還付金。
    そのおかげで割喰って条件が悪くなっても、一方的な不平等とかで国内向け報道できちんと騒ぐ。
    均等割しか払わないで偉そうな顔してた欲ば…保護されないと競争力のないメーカーしかないらしい。

    あと、税はそれごとにぶら下がり団体がうじゃうじゃくっついているから、それをきちんと精査して書くと…
    仕事干されるか。

  6. なんだかいろいろ書いてるけど、結局何が言いたいのか分からない。
    「俺は高い自動車税を払ってるぞ」というのが結論なのだろう。(納税通知書の写真が物語っている)
     
    別にこだわりをもって旧車やクラシックカーを持ってるわけではない。まだ何の問題もなく走れるファミリーカーを普通のメンテナンスの範囲で乗り続けているだけ。もうじき13年だが買い換え予定なし。
    ・・・で、増税の何を理解しろって?
    この筆者のように「気持ちよく重課分を支払い、精一杯趣味のクルマを楽しむのが、自動車愛好家の務めなのではないかと考えます。」なんて宣う車道楽の人間とは次元が違う「庶民」だ、私は。
    お上は別に古いとか新しいとか燃費がどうとかなんて、別に問題にしてないんじゃないの?
    要はダウンサイジングターボや電気自動車(排気量0cc)などの登場、軽自動車販売台数の増加による自動車税の減収を埋めるために役人がひねり出した補填案なんでしょ?こうやってゆさぶれば買い換えの促進にもなるだろう、と。新車を次々乗り換えることの出来る裕福な官僚が考えそうなことだ。
    なにが「広い視点で建設的な議論」だ。
    こんなお上の政策に迎合する記事よりも、庶民目線で無用な増税を糾弾し、世論を届けてこそ価値ある記事なんじゃないだろうか。

  7. 確かに庶民目線ではないし、私はお金持ちで高い税金払って、世の中に貢献してますよ〜って、自己満足だろ、感じわるいわ、とにかくお上のやることは、貧乏人から濡れ雑巾をカラカラになるまで絞り上げるのが、江戸時代からの日本のしきたりで、後は竹中平蔵みたいな越後屋悪徳商人が、間に入って我々水呑み百姓を一生涯苦しめるというゆうのが、伝統的な日本のお家芸です。古い車を大事に乗るのが一番エコだろ!考え方が根本的におかしいんだよ、トヨタとかが迂回して政権に献金してるからこんなネジ曲がった税制ご出来るんだよ、プリウス売りたいだけだろ、現に売れてるし、ガソリン関係もおかしいよ、ガソリン税に消費税の二重課税、tax on taxてどこが違法じゃないんだよ、根本的におかしいだろ、税金払ってまたそれに税金払うて、子供が考えてもおかしいわ!とにかく基本はこれだけ税金徹底的に搾り取られて、使う方はダダ漏れの無駄遣いだらけでチェックも甘い、公務員、特に高級官僚や議員報酬は景気が悪かろうが、全然関係なく下がることは決して無い。こんな事は許されんで、ちょっと論点がずれましたが、そういう事、今の日本の税制と国家全体の在り方が全然良く無い、坂本龍馬やないが、日本を洗濯せないかん、ホンマそんな人物居らんか

  8. 車を次々と買い換えられない人にとって13年課税は家計に重くのしかかってきます。新車あるいは年式新しいものを買うには長年連れ添った友との関係を引き裂かれると同時に経済的負担が大きいです。また最近は新車価格は機能満載で上昇の一手。デザインも単一化され個性の有るもの少ないです。公正な税制を望みます。

  9. 車検の度に「エコカー」変え変えるのと
    13年間同じ車に乗るの
    明らかに後者のほうが
    トータルで
    環境負荷の低減だろう‼️