日産「NV200バネット」が燃費向上! 新色採用&標準装備も充実 仕様向上の内容は?

日産が「NV200バネット」の仕様を一部向上。燃費性能が向上したほか、装備、ボディカラーの充実などが図られています。

2WDの最大積載量もアップ

 日産は2021年7月13日、ミニバン・ワゴン「NV200バネット」の仕様を一部向上し発売しました。

日産「NV200バネット」。
日産「NV200バネット」。

 今回の仕様向上は、エンジンを改良し燃費を改善しています。WLTCモードでバンタイプのDX・VX・GXグレードで13.4km/L、ワゴンタイプの16X-2R・16X-3Rグレードで13.6km/Lです(いずれも2WD)。

 2WDはCVTを採用するとともに、アイドリングストップ機能を追加したことで、さらに燃費性能を向上させています。

 さらにNV200バネット全車で、サイドアンダーミラー付き(助手席側のみ)の電動格納式リモコンドアミラーや抗菌ステアリングを標準装備に。バンタイプは、ワゴンタイプと同様に、助手席のリクライニング調整角度を44度から66度に拡大しています。

 DX・VXグレードは、GXグレードと同様に、190mmの調整が可能な助手席スライド機能を採用。VX・GXグレードは後部座席を6対4に分割したことで、利便性を向上させています。2WDの最大積載量は50kg増の650kg(5人乗車時は450kg)です。

 ボディカラーは、新たに「ダークメタルグレー」と「インペリアルアンバー」の2色が設定されています。

 消費税込み価格は、バンタイプの2WDが214万2800円から243万4300円、4WDが254万4300円から278万800円、ワゴンタイプ(2WDのみ)が233万2000円から249万8100円です。

 なお、オーテックジャパンも、NV200バネットをベースとした車中泊仕様車「マルチベッド」、車いす対応の福祉車両「チェアキャブ」、商用特装車「ワークユースビークル」シリーズの仕様を、ベース車と同様に一部向上し発売しています。

 消費税込み価格は、マルチベッド(2WDのみ)が272万3600円から296万4500円、チェアキャブ(2WDのみ、非課税)が270万8000円から288万8000円、ワークユースビークルシリーズが221万9800円(外装VX仕様ルートバン、2WD)から327万9100円(リフター付きバン、4WD)です。

日産・NV200バネットのカタログ情報を見る

【画像】新色追加! 各種商用シリーズも進化した「NV200バネット」(26枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント