マセラティ「MC20」が激走! 「ギブリ トロフェオ」と共にグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードに参加

マセラティは第27回グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードで、「MC20」をスーパーカー・ヒルクライムに参加させ、そのパフォーマンスを披露した。

最高速度325km/hを誇るブランド初のミッドシップ2シータースーパースポーツカー

 近年、スーパーカーやスーパースポーツのアピールの場として、モーターショーではなくグッドウッドが選ばれることが多くなったが、マセラティ「MC20」が選んだのもグッドウッドであった。2021年7月8日から11日に開催された、第27回グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードのスーパーカー・ヒルクライムに「MC20」は参加し、そのパフォーマンスを観衆に披露して見せた。

第27回グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードでヒルクライムを披露するマセラティ「MC20」
第27回グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードでヒルクライムを披露するマセラティ「MC20」

 マセラティは第一次スーパーカーブーム時代に2シーターの「ボーラ」、そして2000年代には「エンツォ フェラーリ」をベースとした「MC12」というリアミッドにエンジンを搭載した2シーターモデルをリリースしてきた経緯がある。

 こうしたマセラティのミッドシップ2シーターの系譜に、2020年に追加されたMC20は、最高速度325km/hを誇るブランド初のミッドシップ2シータースーパースポーツカーである。カーボンファイバー製モノコックが採用されたことで、総重量はわずか1500kg。F1由来のテクノロジーであるプレチャンバー機構を備えたパワフルなエンジンとの組み合わせで、優れたパワーウェイトレシオを実現し、0-100km/h加速2.8秒という驚異的な数値を達成する。

 同イベントのスーパーカーのパドックでは、MC20とともにマセラティ製のネットゥーノエンジンも展示された。

 さらに同イベントでは、最高出力580bhpのV8エンジンを搭載し、0-100km/h加速4.3秒を誇るスポーツサルーン「ギブリ トロフェオ」が、「First Glance」クラスの車両のみで競われるタイムトライアルに参加。フェスティバル期間中、MC20とギブリ トロフェオは、1日2回開催されるヒルクライムでの注目のモデルとなった。なおMC20とギブリ トロフェオは、それぞれのスーパーカーパドックに加え、ファースト・グランス・パドックにも展示され、数多くの来場者の注目を集めていたようだ。

【画像】ヒルクライム中のマセラティ「MC20」と「ギブリ トロフェオ」を画像で見る(12枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント