ヤマハ新型「MT-07」日本導入 優れたコストパフォーマンスを兼ね備えた次世代MTシリーズ登場

ヤマハは、走りの楽しさとストリートで映えるデザイン、優れたコストパフォーマンスを兼ね備えたロードスポーツ「MT-07 ABS」をマイナーチェンジし2021年7月28日に発売します。その進化を改めて振り返ってみましょう。

フロントフェイスを一新した最新モデル

 ヤマハは、走りの楽しさとストリートで映えるデザイン、優れたコストパフォーマンスを兼ね備えたロードスポーツ「MT-07 ABS」をマイナーチェンジし2021年7月28日に発売します。

【画像】ヤマハ新型「MT-07」の画像を見る(17枚)

ヤマハ新型「MT-07」(ダークグレー)

「Accessible MT with a Fitter Body」をコンセプトに開発されたMT-07の最新モデルは、幅広いライダーから支持を得ているCP2(クロスプレーン・コンセプトの2気筒/慣性トルクが少なく、燃焼室のみで生み出される燃焼トルクだけを効率良く引き出す設計思想)エンジンの特性を継承しながら、新しいデザインを採用し、さらに総合的なパフォーマンスを向上したミドルサイズのスポーツモデルです

 新型に搭載されるエンジンは、従来型をベースに、エアダクト、排気系仕様変更(新型の「2into1エキパイ・マフラー一体型」)、ECU仕様変更、FIセッティング最適化などを織り込むことで、スロットル微開の低速域でのリニアなレスポンスを実現。

 耐摩耗性に優れたバルブシートの採用(排気側)や、ミッションのドッグ角変更により再加速時のダイレクト感向上(2速・3速)なども図られています。

 外観面においては燃料タンクカバー周りのデザインを一新し、カバー周りを構成するパーツを従来の9個から8個へ減らし、フレームカバーをアルミダイキャストから樹脂製に変更。スポーツ走行時のホールド感も高められています。

 また、左右幅を32mm広く、ハンドル高を12mm高く設定したアルミ製テーパーハンドルを採用することで、幅広い体格のライダーにフィットし、ゆったりとした乗車姿勢を確保しています。

 そのほか、一目で「MT-07」と分かるデザインに仕上げられた新型のヘッドランプを採用した新型MT-07の価格(消費税10%込)は81万4000円で、外装色はグレー、ブルー、マットダークグレーの3色が用意されています。

提供:バイクのニュース


スマートでスポーティーなヤマハ「MT-07」 自然体で走りを楽しめちゃう細マッチョなイケメン風!


ヤマハ新型「MT-09」ホイール製造現場に潜入!


ヤマハ新型「MT-09」フレーム製造現場に潜入!?


ヤマハ「MT-125」を欧州で発表!! MT-03にも採用された新たなMTデザインを踏襲!


その構想はエンジンからはじまった!? ヤマハ「テネレ700」開発“実話”

【画像】ヤマハ新型「MT-07」の画像を見る(17枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント