マツダ、電動化「ロードスター」も投入! まずは2022年から3年で新型電動車13車種を導入へ

2021年6月17日にマツダは、技術開発の長期ビジョン「サステイナブル“Zoom-Zoom”宣言2030」に基づき、2030年に向けた新たな技術・商品の開発方針を発表しました。そのなかで、2022年から2025年までの3年間にハイブリッド車、プラグインハイブリッド車、電気自動車を合わせて13車種投入するといいます。

マツダ、トヨタHV含む電動車を13車種展開! ロードスターの電動化も明言!

 マツダは、2030年に向けた新たな技術・商品の開発方針を2021年6月17日に発表しました。
 
 マツダの「2050年カーボンニュートラル化への挑戦」や、それに伴う今後の商品展開はどのようなものになるのでしょうか。

オープンスポーツカー「ロードスター」の電動化も明言された(画像はロードスターRF)
オープンスポーツカー「ロードスター」の電動化も明言された(画像はロードスターRF)

 今回、マツダは2020年に新たに公表していた中期経営計画の見直し、2050年カーボンニュートラル化への挑戦をふまえたいくつかの方針に沿って2030年に向けた技術・商品の開発を進めていくとしています。

 ひとつめは、「モノ造り」の部分となり、 マツダは基盤となる技術群をブロックとして段階的に積み上げることで、優れた技術を効率的に届ける「ビルディングブロック戦略」を一貫して展開。

 それにより、 2007年以降の「SKYACTIV TECHNOLOGY」を中心とした内燃機関の刷新に電動化技術を積み上げて、2012年以降のさまざまな商品に対応する技術資産を築いてきました。

 現在では、内燃機関の進化(SKYACTIV-X/直列6気筒)と電動化技術の拡大を継続するほか、スモール商品群用の横置きパワーユニットとラージ商品群用の縦置きパワーユニットに対応した「SKYACTIV マルチソリューションスケーラブルアーキテクチャー 」 をベースとして、国ごとの電源事情や環境規制などユーザーのニーズに応じたマルチソリューションを展開していく計画です。

 また、水素技術に関して、専務執行役員 研究開発・コスト革新統括の廣瀬一郎氏は次のように述べています。

「過去にマツダは、水素ロータリーエンジンの技術の実用化を市場に展開しました。

 現在までにさまざまな環境要件で止まっていましたが、昨今の水素活用の動きやインフラ整備が整いつつあるので、過去の実用化した技術のベースを元にモデルの開発やリサーチに活用していきたいと考え、進めていきたいです。

 まずは、ロータリーエンジンを活用した電動技術を早く世の中に出して、さまざまな燃料の活用なども視野にいれて展開してきたいと思います」

※ ※ ※

 そして、2025年以降は、さまざまな車格やボディタイプのEVモデルに適応できるマツダ独自のEV専用プラットフォーム「SKYACTIV EV専用スケーラブルアーキテクチャー 」を新たに導入する計画だといいます。

 マツダは、これらの戦略について「コモンアーキテクチャー、一括企画、モデルベース開発など、高効率の開発手法にさらに磨きをかけ、協業パートナーと共に、本格的な電動化時代への技術資産を構築していきます」と説明しています。

 具体的な商品導入については、「SKYACTIV マルチソリューションスケーラブルアーキテクチャー」の商品として、ハイブリッド車(HV)、プラグインハイブリッド車(PHEV)、電気自動車(EV)の合計9車種を日本、欧州、米国、中国、アセアンを中心に、2022年から2025年の3年間にかけて順次導入する予定です。

 これらの内訳は、HVを5車種(マイルドハイブリッドモデルは除く。トヨタからOEM供給を受けるTHS搭載車を含む)に加えて、PHEVを5車種、EVを3車種となっています。

 さらに、「SKYACTIV EV専用スケーラブルアーキテクチャー」の商品として、2025年頃から2030年にかけて複数のモデルを導入する予定です。

 また、マツダを代表するスポーツカー「ロードスター」の電動化について、前出の廣瀬氏は「2030年にはグローバルにて電動化100%を目指していますので、ロードスターもそのなかに含まれています」と説明。

 常務執行役員 R&D管理・商品戦略・技術研究所・カーボンニュートラル担当の小島岳二氏は、「現在、ロードスターに乗っていられるお客さまに対しての回答として、マツダは『e-fuel(イーフューエル)』などの内燃機関でも使える燃料の開発もおこなっていますので、そのあたりも含めて期待頂ければと思います」

※ ※ ※

 こうした電動車の導入計画に基づいて、マツダの「2050年カーボンニュートラル化への挑戦」として、2030年時点での生産における電動化比率は100%、EV比率は25%を想定しているといいます。

【画像】マツダ電動車どうなる? 過去に「ロータリーエンジン×水素」で走る「RX-8」があった!?(19枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント