トヨタ成長の起爆剤!? 斬新デザインの新型「アイゴX」いつ発売? 中欧で生産予告「新Aセグ車」の正体は

トヨタの欧州法人はトヨタ・モーター・マニュファクチャリング・チェコ(TMMCZ)で、Aセグメントの新型車を生産する計画を発表しました。いったいどんなモデルなのでしょうか。

“スパイシー”なトヨタ新型車 チェコの工場で生産開始か?

 トヨタの欧州法人は、チェコ中部コリーンにあるトヨタ・モーター・マニュファクチャリング・チェコ(TMMCZ)で、Aセグメントの新型車を生産する計画を発表しました。

 欧州市場における販売台数を「2025年までに150万台へ拡大する計画」をトヨタの欧州法人は掲げられていますが、拡大戦略に影響する1台といえる新型車は、どんなモデルなのでしょうか。

トヨタ「アイゴXプロローグ」
トヨタ「アイゴXプロローグ」

 今回、生産計画が発表された新型車は、すでにTMMCZで生産している「ヤリス」と同様に、TNGAプラットフォーム「GA-B」を採用したモデルとなります。

 またAセグメントの新型車は、開発から生産まで含めて「すべての意味で欧州車」と呼べるモデルになるとトヨタの欧州法人は説明。

 エグゼクティブ・バイス・プレジデントを務めるマービン・クック氏は、「このAセグメントの新型車が、トヨタの欧州での成長に大きく貢献することを確信しています」と説明しています。

※ ※ ※

 トヨタは2021年6月現在、欧州で「アイゴ」というAセグメントモデルを展開していますが、この次世代モデルを示唆するコンセプトモデルとして2021年3月17日に「アイゴXプロローグ」が公開されています。

 クロスオーバーテイストが取り入れられたアイゴXプロローグのデザインは、トヨタの欧州デザイン拠点であるEDスクエア(ED2)が担当。斬新かつアクティブな雰囲気に仕立てられています。

 ルーフラインにクサビのモチーフを取り入れたほか、ボディカラーには唐辛子からインスパイアされた「スパークリングチリレッド」を採用。

“スパイシーさ”を表現する手法として、ブルーメタリックフレークが塗料に混ぜられており、まばゆい輝きを放つレッドを実現しています。

 ドアミラーに内蔵されるアクションカメラや、リアのスキッドプレート部に備わる自転車固定用のホルダーなど、コンセプトモデルらしい提案も盛り込まれているものの、アイゴXプロローグを元にした市販モデルが、今後TMMCZで生産されると予想されます。

 トヨタの欧州法人は、Aセグメントの新型車の車種名、発売時期、生産計画台数について、後日アナウンスするとしています。

【画像】“スパイシー”な外観が超カッコいい! トヨタ新型「アイゴXプロローグ」を画像で見る(30枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント