AMG「GLE63S」を800馬力にチューニング! ブラバス最新チューニング事情とは

メルセデスAMGの「63シリーズ」を、片っ端からチューニングしているブラバス。GLE63S 4MATIC+」をベースにしたブラバス「800シリーズ」を紹介する。

AMG「63シリーズ」のブラバス「800」化計画

 気がつけば、メルセデス・ベンツやメルセデスAMGから市場へと送り出されるSUVモデルは、伝統的なセダンやステーションワゴンのそれと同等の幅広さをもつまでに成長を遂げていた。それは、空白になっている穴を埋めるかのように、すべてのボディサイズに使い勝手とスポーツ性に優れたSUVをラインナップするという、きわめて戦略的な新型車戦略である。

ブラバスのエアロダイナミクスを追求したフロントフェイス
ブラバスのエアロダイナミクスを追求したフロントフェイス

 このようにメルセデス・ベンツとメルセデスAMGの積極的かつ急速な動きに同調できるチューナーは、当然のことながら限られている。ここで紹介するブラバスなどは、その勝ち組のひとつといえるのだろう。

 ブラバスは今、「800シリーズ」と呼ばれる800psにチューンアップした4リッターV型8気筒ツインターボエンジンを各モデルに搭載している。ベースとなるのは、メルセデスAMGが各クラスに設定する「63 4MATIC+」のニューモデル群である。

 今後、800シリーズは、ブラバスの基幹となるシリーズとして重要な役割を果たしていくに違いない。

 さて今回VAGUEで紹介するのは、メルセデスAMG「GLE63S 4MATIC+」をベースに製作された800だ。

 ベースのGLE63S 4MARIC+に搭載されるエンジンは、メルセデス・ベンツ、メルセデスAMGのファンにはお馴染みの、ホット・インサイドVと呼ばれるターボをVバンクのなかにレイアウトした4リッターV型8気筒で、GLE63S 4MARIC+の最高出力は612ps、最大トルクは850Nmにも達する。

 このエンジンにブラバスは専用のターボキットや吸排気システムを与え、最高出力800ps/最大トルク1000Nmにアップしてきたのだから、車両重量2090kgもあるGLE63S 4MARIC+とはいえ、その走りは一気にSUVのそれからスーパーカーの世界に変化したともいえるだろう。

 このパフォーマンスアップに合せて、エクステリアもよりエアロダイナミクスを追求したものになった。フロントフェイスは、かつて世界で10台のみが限定販売されたメルセデスAMG「GT63S 4MATIC+」がベースの「ロケット900」で採用した2本のシグネチャーストライプをグリルに描いたものとなる。

 もちろんこのグリルやフロントスポイラー、そしてボディの下面を流れるエアは完全に整流されており、そのほかすべてのデザインパッケージも軽量なカーボンファイバーで製作されている。

 ホイールは24インチ径を採用し、外観の迫力はこのホイールも大いに貢献している。

 ブラバスによって25mm車高が落とされた800は、0-100km/hを3.4秒、最高速は280km/hに達する実力を有しているという。そして見逃してはならないのは、ブラバスがこれも長い伝統のなかで常にカスタマーを喜ばせ続けてきたインテリアの高品質なフィニッシュだ。カスタマーとのディスカッションによって、どのような仕様にも内装を作りあげることができるとするブラバス。速いだけではなく、また豪華なだけでもないきちんとアッパーミドルクラスのSUVとしての機能性を持つこのモデルには、世界中のカスタマーが注目していることだろう。

【画像】ブラバスのフルエアロをまとった「GLE 63」をチェック!(33枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント