グループPSAジャパンの代表取締役社長はポンタス・ヘグストロム氏に決定! FCAジャパン代表取締役社長も兼任

 2021年5月31日、FCAジャパン代表取締役社長であるポンタス・ヘグストロム氏は、7月1日付でグループPSAジャパンの代表取締役社長に就任すると発表。ステランティスの日本におけるふたつの子会社を統括する。

ステランティスの日本におけるふたつの子会社を統括

 現FCAジャパン代表取締役社長であるポンタス・ヘグストロム氏は、2021年7月1日付でグループPSAジャパンの代表取締役社長に就任すると発表。現職と兼務する形で、ステランティスの日本におけるふたつの子会社を統括する。

 同時に、現グループPSAジャパン代表取締役社長の木村隆之氏は、ルカ・デルフィノ氏に代わり、マセラティS.p.A.のアジア パシフィック リージョンのマネージングダイレクターに就任することも発表されている。

Groupe PSA Japanの代表取締役社長に就任するポンタス・ヘグストロム氏
Groupe PSA Japanの代表取締役社長に就任するポンタス・ヘグストロム氏

 今回の任命について、ステランティスでインド アジア パシフィック (IAP) リージョンのセールス・マーケティング・オペレーションを統括する上級副社長(SVP)ウィリアム・ヘイズ氏は次のようにコメントしている。

「自動車業界において確固たる実績を誇るベテラン・プロフェッショナルであるポンタス・ヘグストロム氏が、IAPリージョンで最大の市場である日本を統括することを大変嬉しく思います。そして、木村隆之氏が、歴史あるマセラティブランドをさらなる成功に導いてくれることも確信しています。おふたりの貢献により、日本においても、アジアパシフィック全体においても、ステランティスは成長と成功を続けることでしょう」

 ヘグストロム氏はボルボ、サーブ、ゼネラルモーターズ等、ほぼ30年にわたり一貫して自動車産業に関わり、日本において通算20年以上のマネジメントを歴任しており、これは輸入自動車メーカーCEOとして最長の経歴である。さらにヘグストロム氏は、日本に加え8か国での勤務経験の持ち主だ。

 今回の任命について、ヘグストロム氏は次のように述べている。

「グループPSAジャパンの個性あるフランスブランドに携わり、ディーラー並びに従業員の皆さまと共に働くことを光栄に思い、心待ちにしています」

 なお、ヘグストロム氏は日本自動車輸入組合(JAIA)の副会長を長年務めるとともに、米国商工会議所(ACCJ)の米国自動車産業部会(AAI)の委員長も務めている。

【画像】グループPSAジャパンの代表取締役社長に就任するポンタス・ヘグストロム氏を見る(3枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント