BMWの「走る歓び」を本気で味わうなら今こそ「E36型 M3」を手に入れるべき理由【中古車至難】

おすすめはアナログ感の溢れるE36

 以上のような歴史を持つBMW M社が開発しているのがMモデルなわけだが、その中古車を今狙うとしたら、果たしてどれが「最適」なのであろうか?

 といっても、そんな議題は(自分で挙げておきながらアレだが)きわめて愚劣である。クルマに関する好みや求めるものは人それぞれであり、予算もまた人それぞれというほかない。つまり「一般的に見て最適」などというものはなく、「それぞれにとっての、それぞれの最適」があるだけなのだ。

 だがそれでもあえて、中古車ジャーナリストとして「最適」ではなく「個人的に今、おすすめと考えるモデル」を挙げるとしたら、それは「E36世代のM3」ということになるだろうか。

 クルマに詳しいと推測されるVAGUE読者各位には今さらの話かもしれないが、マニアからは「M3B」または「M3C」と呼ばれるE36世代のM3は、1990年(日本では1991年)に発売されたE36型BMW 3シリーズをベースとするMモデルとして、1993年に登場した。

 搭載エンジンは、当初は排気量3リッターの直列6気筒自然吸気「S50B30型」。286psの最高出力を発生するこちらのエンジンを搭載した世代が、前述した「M3B」だ。トランスミッションは5速MTである。

 1995年にはマイナーチェンジがおこなわれ、搭載エンジンは3.2リッターの「S50B32型」直列6気筒に。これは、インテーク側とエグゾースト側両方のカムシャフトの可変バルブタイミングシステムとして開発されたダブルVANOSを初めて採用したエンジンで、最高出力はリッター100ps超えの321psとなった。同時にトランスミッションも6速MTへと進化している。

 1997年には、BMWがF1で培った技術をフィードバックした6速セミAT「SMG」も追加され、1998年に生産終了となった──というのが、E36型BMW M3の大まかなヒストリーだ。

●1993年−1998年 BMW E36「M3」

E36型はM3の歴史でもっとも大規模なアップデートが施されたモデル。ボディはピラーを少し寝かせた落ち着きのあるクーペ風へ、エンジンも全車DOHC化されている(C)BMW AG
E36型はM3の歴史でもっとも大規模なアップデートが施されたモデル。ボディはピラーを少し寝かせた落ち着きのあるクーペ風へ、エンジンも全車DOHC化されている(C)BMW AG

 そしてなぜ今、いささか古い世代である(いや、古すぎる世代というべきか?)E36世代のM3をおすすめしたいかといえば、理由は「その古さゆえ」である。

 衝突安全性能やその他の理由により肥大化せざるを得なくなり、そして人々が求めるものに応じて「電子的満漢全席」とならざるを得なくなった現代のMモデルと違い、E36型M3はきわめてコンパクトで、2021年の視点で見るならばきわめてプリミティブである。そのサイズ感と原始性こそが、今となっては逆に「ほかのどこにもない宝物」なのである。

 もしもそれを疑う人がいるとしたら、どうか近隣のBMW専門店を訪ね、E36型M3の現物を──久しぶりに──その目で見ていただきたい。そしてもしも可能であるならばば、コックピットにも座ってみていただきたい。私がここでいっていることが、おそらくはするりと肚落ちすることだろう。

 ただし問題は、今となってはE36型M3の中古車はきわめて流通量が少なく、「大人が買うにふさわしい品質のもの」の数はさらに少ないということだ。

 だがそれでも──100万円台などで売られているものはさすがにおすすめしかねるが、300万円以上、あるいは「ASK」と表示されているような個体を、どうか一度見にいって欲しい。3リッターの前期型でも3.2リッターの後期型でも構わない。セミATのSMGだけは避けるべきだが、MTであれば5速でも6速でもいい。

 とにかく「コンディションのよいE36型M3」を見つけることができたなら、それは間違いなく──クルマ好きの男にとっては──天国への階段である。

 古いクルマゆえ、しっかり維持するためにはまずまずの維持費もかかるが、まぁそんなことはどうだっていいじゃないか。

 なにせ相手は、もう二度と似たようなモノは新品としては手に入れられない「世界遺産」みたいなものなのだから。

BMW・M3 のカタログ情報を見る

【画像】今や世界遺産級の「BMW E36 M3」を見る(9枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント