なぜ日産はワゴンから撤退? ノートやセレナじゃ代わりにならない現状とは

SUVの台頭で国産ステーションワゴンが低迷していますが、それでもトヨタやホンダはラインナップを維持しています。かつて多くのワゴンを揃えていた日産ですが、現在は1台もない状況となっています。なぜ日産のワゴン車は消滅したのでしょうか。

かつて多くのワゴン車をラインナップしていた日産 現在は?

 クロスオーバーSUVが大ブームを巻き起こしている現在ですが、その一方でどんどん姿を消しているボディタイプが存在しています。それがステーションワゴンです。

 一時期はどのメーカーもラインナップしていたステーションワゴンでしたが、現在の国産メーカーのラインナップをみると、トヨタ「カローラツーリング」「カローラフィールダー」、ホンダ「シャトル」、マツダ「マツダ6ワゴン」、スバル「レヴォーグ」のみと、かつてに比べると国産ワゴンが数を減らしていることがわかります。

日産のワゴンとして人気を博した「アベニール」
日産のワゴンとして人気を博した「アベニール」

 国産メーカーのなかでも、一時期は多くのステーションワゴンをラインナップしていたのが日産です。

 日産は、「ウイングロード」や「ステージア」「アベニール」といったワゴン専用車だけでなく、「マーチ」「サニー」「セドリック/グロリア」「ブルーバード」「プリメーラ」「セフィーロ」「スカイライン」など、日産を代表する数々のモデルにワゴンボディを用意していました。

 しかし、2018年にウイングロードが消滅して以降、ステーションワゴンが新たにラインナップに加わることもなく、現段階では新型ワゴンが登場するウワサすらありません。

 ステーションワゴンから撤退した経緯について、日産は次のようにいいます。

「ステーションワゴン市場の需要減少に伴い、日産のステーションワゴンへのニーズも減りました。これを受けて現在は、コンパクトカー、ミニバン、SUVなど、お客さまからの需要が高いモデルを中心に日産ならではの先進技術を搭載し、ラインナップを揃えております。

 またカーボンニュートラルに向け、電気自動車のパイオニアである日産ならではの電動化(EV、e-POWER)へシフトを図っております」

 つまり、日産のステーションワゴンが消滅してしまったのは純粋に需要が減少してしまったからであり、日産ならではの電動化技術もまずは需要の高いボディタイプからラインナップを充実させていくのが先決ということです。

 裏を返せば、ステーションワゴンの需要が高まれば、EVやe-POWERを搭載したモデルも登場する可能性ゼロではないということ。ワゴン好きユーザーにとっては一縷の望みが見えてきたともいえます。

【画像】たくさんあったのに… 日産が販売していた懐かしのワゴンたち(28枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

4件のコメント

  1. 社用車市場をプリウスに席巻されてしまったのが大きいんじゃないでしょうか?
    社用車=ワゴンのイメージが強かったのですが、今じゃプリウスばっかり

  2. 結局のところ
    日産は経営陣が安定せず収益性優先しがちなので、
    ニーズがあると見ると矢継ぎ早にその手の車種出しておきながら、
    売れ行きが落ちると早々にディスコンする。
    自ら市場を開拓し育てようユーザーニーズに応えようと言う意識が足りないから、
    長続きする車種も少ないんだろう。
    だからトヨタに勝てないんだと思う。

  3. 新東名の120とかミニバン大丈夫なんかね?
    昔、ラルゴってミニバン風のエンジンが前席下にエンジンがあるやつ運転したけど今のミニバンより安定感あったけどね。
    ディーゼルだから120は辛いけどw

  4. なんか、日産って人の目ばっかり気にしてる会社になっちゃった。
    昔からそうだったのかもしれんけど。
    ワゴンやめてかっこいいSUV生産するならわかるが、ノートもアリアもかっこわるいし
    近いうちつぶれるんじゃない?