「全然違う車みたい」 大変身のホンダ新型「ヴェゼル」に初代オーナーが期待することは?

ホンダの人気コンパクトSUV「ヴェゼル」の新型モデルが先行公開され、いよいよ2021年4月に発売されます。今回は、初代ヴェゼルオーナーをはじめ、ホンダSUVのオーナーに、新型ヴェゼルについてどう思うかを聞いてみました。

初代よりプレミアムな路線へと移行する新型ヴェゼル

 多様化するSUVカテゴリですが、そのなかでも活況を見せているのがコンパクトSUVです。

 なかでも、2013年の登場以来、人気を博してきたホンダ「ヴェゼル」は、3代目「フィット」をベースとし、広さと実用性を両立する「センタータンクレイアウト」を採用。

 クーペスタイルを意識したデザインも評価され、後発のライバルたちに影響を与えてきました。

プレミアム路線に転向するホンダ新型「ヴェゼル」
プレミアム路線に転向するホンダ新型「ヴェゼル」

 そんなヴェゼルも2021年4月にフルモデルチェンジし、新型となる2代目モデルが登場する予定です。

 新型ヴェゼルはフロントデザインを大幅に刷新し、これまでとは異なるプレミアムなスタイルへと移行します。

 ボディ同色の個性的なフロントグリルや薄めのヘッドライトに、クロームメッキ類を減らすことで、クリーンで上級クラスのような佇まいに進化。

 ボディサイズは初代ヴェゼルの全長4330mm-4340mm×全幅1770mm-1790mm×全高1605mmとほぼかわらないようですが、全体のシルエットはよりクーペSUVらしさを強調している印象です。

 パワートレインは、1.5リッターエンジン+2モーターハイブリッド「e:HEV」を主軸に据え、1.5リッターガソリンも用意しましたが、初代モデルに設定があったターボエンジンは廃止されました。

 新型ヴェゼルの外観デザインに注目が集まりがちですが、内装の質感もグッとアップします。

 また先進運転支援システム「Honda SENSING」は全車標準搭載です。

 初代ヴェゼルを見据えて開発されたライバル車を超える充実した装備内容も、新型の魅力といえそうです。

【画像】初代とは全然違う! ガラリと印象を変えたホンダ新型「ヴェゼル」(32枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. マツダの車にクリソツですね!前のデザインの方が好きでした。カッコ悪いなあ