トヨタ「ハリアー」にレース技術を注入!? トムスカスタムでスポーツ&プレミアムに変身

2020年6月に発売されてから好調な販売をみせるトヨタ「ハリアー」ですが、専用カスタムパーツをトムスが開発しました。レースの知見を活かしたエアロパーツなどを装着したハリアーとはどんなモデルなのでしょうか。

トムスがトヨタ「ハリアー」をひと味違うスタイルにカスタム!

 2020年6月に登場した4代目のトヨタ「ハリアー」は「RAV4」の基本コンポーネントを用いて開発された都市型クロスオーバーSUVです。

 外観はよりスタイリッシュに、内装はよりプレミアムに進化。メカニズムはパワートレイン/プラットフォームともにRAV4譲りの基本性能の高さに加えて、「重厚でシットリ」、「自然に曲がる」といったハリアー独自の乗り味がプラスされています。

スポーティさと上質さが共存したトヨタ「ハリアー」(トムスパーツ装着)
スポーティさと上質さが共存したトヨタ「ハリアー」(トムスパーツ装着)

 筆者(山本シンヤ)は、実際に見て・触って・乗って思ったのは、「ちょっと背伸びをすれば手が届く」、「高級だけど豪華じゃない」など、日本人の心を揺さぶるような絶妙な立ち位置であること。つまり、ハリアーは「現代に蘇ったマークII」といっていいでしょう。

 そんなハリアーの販売は絶好調で、月販目標台数3100台に対して8000台から9000台をコンスタントに記録。ちなみにこれは兄弟車であるRAV4の倍近い数値です。

 価格は299万円から504万円と決して安くはないモデルですが、好調な販売を見ると、「欲しい!」と思わせる魅力があるという証拠でしょう。

 しかし、「売れている=街で見かけることが多い」ということもあり、ほかの人とは違う「プラスα」を求めるユーザーも多いと聞きます。

 そんなことから、ハリアーには豊富なカスタマイズパーツが用意されています。その代表といえば、トヨタ直系のカスタマイズブランド「GRパーツ」と「モデリスタ」です。

 どちらにもエアロパーツが設定されていますが、GRパーツは「スポ―ツ」、モデリスタは「プレミアム」と性格は明確に分かれています。

 そうなると、「スポーツとプレミアム、バランス良く盛り込まれているアイテムは?」という要望があって当然でしょう。

 そんな悩みを解決するのが、トヨタ系ながら独立系の「TOM’S(トムス)」です。

 トムスは日本を代表するトップレーシングチームであるとともに、「ナンバーワントヨタチューナー」という顔を持っています。

 モータースポーツ活動で培った技術と経験を活かしたアイテムというとハード系と思われがちですが、「クラウン/アリスト」やレクサス系を手掛けるようになって以降はプレミアムスポーツ路線が定着しました。

 トムスがカスタマイズしたハリアーは、新型コロナの影響でオンライン開催となった東京オートサロン2021内の「オートサロンTV」でお披露目されましたが、今回はナンバー付のデモカーをお借りすることができたので紹介したいと思います。

 注目は最新のレーシングカーの空力コンセプトをアレンジしたエアロパーツです。

 フロントはエッジの効いたデザインのスポイラーと格子パターンのフロントグリル、フロントバンパーガーニッシュにより、のっぺりした印象のノーマル仕様とは異なった、キリットした印象に変身します。

 カナード風のサイドステップやデュフュザー形状リアアンダースポイラーはトムス定番デザインながらもハリアー用に最適化。

 ノーマル仕様のハリアーは都会派ながらも腰高な印象が強いですが、トムスのエアロを装着するとどっしりと構えたスタンスになり、これなら「ローダダウンしなくてもいいかな」と思ってしまったくらいです。

 大きくイメージを変えた外観に対して、内装は細部の変更が中心です。

 ロゴ入りに「プッシュスタートボタン」とPVCレザー素材とステッチによりドア下部のハードプラスチック部の質感アップと傷および汚れ防止効果を持つ「ドアキックプロテクター」を装着。

 ドアキックプロテクターは乗り降りの際の傷や汚れ防止が主ですが、ソフトパッドとハードプラスチックの質感の差が気になるハリアーのドア部のバランスを調和させる効果もあります。

【画像】迫力アップ! トムスカスタムのトヨタ「ハリアー」がカッコイイ(23枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント